占いツクール
検索窓
今日:4 hit、昨日:44 hit、合計:22,323 hit

10「三次試験本戦」 ページ10

.


あの後、ナルトやシカマルに心配された。
どうやら我愛羅はリーくんを殺そうとしていたらしい。
私は予選での戦いも見ていなくて、彼の殺意ある凶暴性なんて全く知らなかった。
周囲の砂でさえ、混乱によるものだと思っていた。
本当は危ない場面だったらしい。けど、なぜだろう? 殺気なんかより、苦しそうにしてるだけにしか見えなかった…。


そして本戦当日。
彼の異常な精神性を、初めて目の当たりにするのが、この日だった。


本戦開幕時、サスケはまだ来ていない。
1回戦はネジとナルト。
ネジは点穴を突きチャクラの流れを止めてしまう、厄介な体術使いだ。

彼がナルトを落ちこぼれの運命だと決めつける理由。それは自身と父の、宗家に生まれ決まった運命を憎む気持ちからだった。


ナルトは落ちこぼれなんかじゃない、その運命は変えられる。でも、生まれながらにして九尾を宿したことによる運命は……、死ぬまで宿し続ける運命は変わらない。
けど、ナルト自身がそれをどう受け止め、進むか? それは決められた運命なんかじゃなく、ナルトが決めようとしてる。

ネジにもそうすることができる。

結果、苦戦の末ナルトの勝利。

『やったねナルト!』

帰ってきたナルトをハグして迎える。

ナル「へへっ」

シカ「ったく。やるじゃねーかナルトのやつ」


次はシカマルとテマリの戦い。


シカマルはめんどくせーとか言って場内に入っていく。

この戦いは…ひらすらに長かった。影を使うシカマルにとって影が必要。手詰まりと見せかけ、日の傾きにより影が伸びるのを待ち、ナルトの試合で出来た地面の穴に誘導し、影真似を成功。
シカマルの勝利だった。


次は、我愛羅とサスケ。

みんなこの時を待ってましたとばかりに盛大に盛り上がる。


シカ「A、お前昨日アイツと話してたって? 大丈夫だったのかよ」

『うん、なんか辛そうだったから診てあげようと思ったんだけど…』

シカ「ゲッ…! マジかよ」
ナル「ひでぇ事されてないか?!」

ふたりの反応が不思議で、まん丸目になりながら返事を考える。

『えーっと、何があったの?』

シカマルが説明してくれる。

シカ「まぁ試合見てりゃわかるよ。どんだけヤバいやつか…」

11「サスケvs我愛羅」→←9「我愛羅」



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (31 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
65人がお気に入り
設定キーワード:NARUTO , はたけカカシ , うちはオビト
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

石セー(プロフ) - じゅりさん» じゅりさん初めまして!読んで下さってとっても嬉しいです^ ^ありがとうございます!更新頑張りますー! (5月20日 21時) (レス) id: 34e5e194e4 (このIDを非表示/違反報告)
じゅり(プロフ) - 初めまして!更新楽しみにしてます頑張ってください! (5月17日 6時) (レス) id: 9e6c1be654 (このIDを非表示/違反報告)
石セー(プロフ) - 名無し65455号さん» 初めまして、コメントありがとうございます。読んで下さってる方がいるんだなあと実感して感動しています。随時更新して行くのでよろしくお願い致します^ ^ (4月3日 22時) (レス) id: 34e5e194e4 (このIDを非表示/違反報告)
名無し65455号(プロフ) - 初めましてこの作品読んでみて楽しみにしていますこれからも更新頑張って下さい! (4月3日 13時) (レス) id: 1e5a33a9df (このIDを非表示/違反報告)
石セー(プロフ) - 咲空さん» コメントとっても嬉しかったです。ありがとうございます!おかげさまで少し自信を持てました。主人公設定まだまだあるので楽しみにして頂ければ幸いです^^ちょうどプロットを練り直していたので更新が止まってしまいました。近々更新を再開します。 (4月2日 16時) (レス) id: 34e5e194e4 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:赤成 | 作成日時:2019年3月10日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。