占いツクール
検索窓
今日:381 hit、昨日:295 hit、合計:251,154 hit

11:Distel ページ38

阿部「ラウ、お前、さくまに何した!」
ru「ないしょぉ!うふふ♡」
深澤「あべちゃん」
阿部「っ、お願い、さくまは処分しないで」
深澤「俺だって、処分はしたくないけど…危ない!」
岩本と深澤2人がかりで対抗しても、洗練されたような動きで撃とうとするさくまを見て、この状況を打破する方法を考える。

ラウはさくまの本来ゼンマイが入る場所にナイフを突き刺した。
という事は即ち、あの部分にさくまがこうなってしまう原因がある、という事か。
しかしあの様子では探る事も難しそうだ。
…さくまは、銃を向ける前に「マスター」と言った。
誰かの命令によりこんな状況になっているとしたら?
…試す価値はあるかもしれない。

阿部「さくま!ストップ!」
sk「…カシコマリマシタ」
途端、直立不動の状態で静止したさくまを見て、ラウはあれぇ?と声を出す。
ru「あべちゃんがマスターになってるんだぁ」
mm「…仕方ないだろ」
向井「…」

阿部「…舘さん、翔太、ごめん、荒らして」
宮舘「…幸い銃弾は放たれてないし、壊れた箇所もないからいいよ」
sh「…一緒、か…」
阿部「ふっか、照、1回さくまを連れ帰って試してみる。試作品の暴走だって事で話つけてくれないかな」
深澤「わかった。…照、あべちゃんと一緒に着いていって。さくまが暴れたら駄目だから」
hk「承知致した」

深澤「…康二、めめ、ラウ。ちょっと詳しい話を聞いてもいい?」
向井「…2人は関係ないねん。…俺が、弱虫やから…」
深澤「大丈夫、捕まえるとかそういう話じゃないから。ね?」
ru「…ラウ、ご主人様の事わかんなぁい、お人好しって言うんでしょぉ?こういうの」
mm「ラウ。マスターの言う事は絶対」
ru「はいはぁい」

そうして散り散りになったメンバーを見送り、ひっくり返った椅子を元に戻す宮舘を見つめたまま、翔太は喧騒に流されそうになった言葉をもう一度口にした。

sh「…ねぇ、りょうた。…俺は、誰かの「代わり」なの?」

*→←*



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (358 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
915人がお気に入り
設定キーワード:Snowman , 雪男 , ファンタジー
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

milkmilkmilk723(プロフ) - 最近このお話を見るために占ツク開いてます!更新応援してます、コロナで騒がれていますがお身体ご自愛ください! (4月8日 21時) (レス) id: 2c3c24b282 (このIDを非表示/違反報告)
I-RISA(プロフ) - Twitterも拝見致しました!お話し繋がってるんですね!続きがとても楽しみです! (4月8日 16時) (レス) id: 52da8c48f6 (このIDを非表示/違反報告)
パスタ好きのさらさん(プロフ) - 湊都さんのお話、面白くて全種類読ませてもらってます!最近の更新で、あれ、もしかしてこれ軍パロの時の繋ぎ…?という期待が膨らみつつあります笑 面白いです、更新応援してます! (4月3日 16時) (レス) id: b898e8ff1d (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:湊都 | 作成日時:2020年3月30日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。