検索窓
今日:7 hit、昨日:4 hit、合計:559 hit
.


本当に久しぶりに、私たちは地元に帰省した。






「久しぶりやな、ずうっと、待ってたで?」


「急にいなくなってはダメじゃないか、心配したぞ?」


「僕らの前からいなくなるなんて、悪い子やな…?」




___どうやら、彼らからは逃げられないようで。





_________


774の風花と莉詩奈の合作作品です。


〈注意!〉

・ご本人様とは一切関係ございません

・無断転載、晒しなどの迷惑行為はおやめください

・コメント欄では検索除けにご協力ください

・ヤンデレ要素があります。


それでは、お楽しみください。執筆状態:連載中










おもしろ度の評価
  • Currently 10.00/10

点数: 10.0/10 (1 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
設定タグ:実況者 , Wrwrd , d!
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:あねも x他1人 | 作者ホームページ:ない!  
作成日時:2022年7月24日 14時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。