占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:0 hit、合計:57 hit
「先生。」



「ん?どうした?」


男女問わず囲まれても苦の顔もしないその人に




「先生の歳っていくつですか?」




今日も私は外で咲く桜のように、



「なっ!1番最初に聞く質問か?」



暑さも寒さも押し殺し、



「いいじゃないですか。教えてくださいよ!」









笑う。執筆状態:連載中









おもしろ度の評価
  • Currently 7.00/10

点数: 7.0/10 (3 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
設定キーワード:学校 , 先生 , シリアス , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ミナミ | 作成日時:2018年5月17日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。