占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:1 hit、合計:2,056 hit

第148話「白黒の厄災(後編)」夢主 ページ8

「僕が……僕が、皆を護るんだ!」

敦くんはそう云うと、手足に虎化を掛けて私に襲い掛かる。
私は異能を使って、敦くんの頭上に逃げた。

「……!」

驚いた様に目を見開く敦くんの背後に、私は降り立つと……もう一度、名を呼ぶ。

「……敦くん!」
「早くおねぇさんを何とかしないとその二人が殺されちゃうよ☆」

そんな私を嘲笑うかのように、Qは愉しそうにそう云う。

「……Q、其処で待ってなさい。私が……女王が、貴方に罰を与える!」
「怖いなぁ……でも良いの、おねぇさん?ぼくに構ってたら……」

その時だった。
虎の爪が、私の周りを護っていた異能を切り裂く。

「……!」

そしてそのまま、敦くんは私目掛けて虎の拳を___

「……そう簡単に、やられてあげない。」
「うふふ……そうじゃなくっちゃ!ぼく、おねぇさんのこと知ってるんだ。ずぅっと、太宰さんがおねぇさんのこと護ってたからね。」
「……太宰、さん?」

私が思わず、動きを止めたその時だった。

「ぐぁっ……!」
「見ろ!此れが僕だ!僕の、力だ……!」

敦くんは、私の首の後ろ辺りに手刀を食らわせると、バランスを崩し、うつ伏せに倒れた私に畳みかける様に馬乗りになり、首と手首を押さえつける。

「あつ、し、く……。や……、やめ……」

また、私は縋りつくように名前を呼ぶ。

頸は痛いし、意識だって朦朧としてる。
正直、今すぐにでも投降したいぐらいだ。
……でも、私は女王を身に宿す者として、太宰さんが誇ってくれた部下として、負ける訳にはいけない。
負けては、ならない。

視界の隅で、春野さんが……ナオミちゃんが、真っ青な顔で心配そうに私を見ていた。
私は目を固く閉じる。

……暴走してしまうかもしれない。
でも、それ以外に道が有る様には思えない。

……女王を、呼び出すしか____!

その時だった。

「止めるんだ、敦君!よく見ろ!」

焦った様子の太宰さんが、声を荒げた。
太宰さんの声にハッとした敦くんは、私を抑える手の力を、思わずと云った様子で緩めた。
私は、必死に息をする。
頸を押さえつけられていたが故に、殆ど息が出来ていなかったのだ。

「……そんな。最初から僕が……?ぼ……僕は、何も……。ただ……守ろうとして……!」

そう、何か(・・)に言い訳する敦くんを、私は見ていた。
ただ、静かに。

第149話「王女の優しさ」夢主→←第147話「白黒の厄災(中編)」夢主



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (3 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
4人がお気に入り
設定キーワード:文スト , 中島敦 , 夢小説   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:業猫 | 作成日時:2019年9月9日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。