占いツクール
検索窓
今日:9 hit、昨日:124 hit、合計:151,385 hit

笑わせるな ページ40

宮「っ!負けた、、、」

緑「流石だな」

と、近寄り握手を求められる

『ありがと、楽しかった!』

手を握り返す

緑「だが、今の黒子のバスケでは勝てないのだよ、一度勝てたからと俺を一人で抑えようなどと、笑わせるな」

テツに向けてそう言って出て行く

火「戻ったぜ、、、って試合終わってるし!」

うなだれる大我

『残念だったねー!楽しかったぞー!』

火「ハッ おま、A!?てか試合!?」

『久しぶりだね!今日から試合に参加させてもらうよ』

火「ま、マジかよ、、、よろしくな!」

久々に大我とも話し、今日の部活は解散なのでリコ先輩の料理を手伝おうと体育館の出口に向かおうとすると

宮「おい、ちょっと待て。ウチの監督が呼んでる」

『え、分かりました、ありがとうございます』

秀徳の監督のもとへ行く

『あれっ?木吉先輩もですか?』

木「ああ、Aもか」

そう話していると秀徳の監督、中谷仁亮さんが

中「二人ともよくきてくれた」

私達に歩み寄ってきた

『それで、用件は?』

中「木吉君、鏡宮さん、以前も推薦を出したが、秀徳に来る気はないか?」

木「『!!』」

木吉先輩に向く中谷さん

中「君の足が悪くてもウチは大歓迎だ。君は素晴らしい選手だから是非きてほしい」

木「、、、」

少し眉をひそめ、困り顔をする木吉先輩

続いて私に向く中谷さん

中「君は選手としても、マネージャーとしても優秀だ。キセキの世代の才能の開花にも立ち会い、黄瀬涼太のことも育てあげた。例え選手として部活いなくてもマネージャーとして居てくれるだけでも大歓迎だ」

『、、、』

私も先程の木吉先輩のような困り顔になる

中谷さんは本当に私達を必要としてくれる
個々の技能を見てくれている

でも、、、

木「『すみません』」

私達の気持ちは同じだったようだ

木「お気持ちは嬉しいですが、今のチームで日本一を目指したいんです」

意志の籠もった目で告げる先輩

私もそれに続く

『私も同じ気持ちです。誠凛のみんなで勝利の喜びを掴みたいんです。皆が私を受け入れて、必要としてくれた分私もこのチームを支えたいです』

中「、、、そうか。今のチームが大好きなんだな。ありがとう、真剣に考えてくれただけ嬉しいよ」

それじゃあ、と去っていく

体育館に二人残される

木「、、、へぇ?Aがそう思ってるとはな?」

木吉先輩がニヤニヤ顔で此方に来る

このチームが大好きだから→←お久しぶりです



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 8.4/10 (28 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
114人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

レンレン - ステーキ屋さんごめんなさいの回の伊月くんが可愛い〜!これからも頑張ってください!! (8月27日 20時) (レス) id: c0c29da7c2 (このIDを非表示/違反報告)
波瑠(プロフ) - イベリコ豚と三大珍味のせは、海常との練習試合が終わってからですよ!更新頑張ってください! (7月14日 19時) (レス) id: 977f6c68bb (このIDを非表示/違反報告)
夜兎(プロフ) - 初コメ失礼します。設定の眉目秀麗は男性の人に使う言葉であって、女性なら容姿端麗ですよ (6月9日 15時) (レス) id: 6d327399eb (このIDを非表示/違反報告)
鏡宮(プロフ) - 可也さん» ありがとうございます!共感得られて嬉しいです!これからもどうぞよろしくお願いしますー! (5月27日 20時) (レス) id: 6db4307877 (このIDを非表示/違反報告)
可也 - 面白かった!!!!!続き読みたいです!! (5月27日 19時) (レス) id: 430d859c05 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:鏡宮 | 作成日時:2019年4月17日 1時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。