占いツクール
検索窓
今日:402 hit、昨日:102 hit、合計:67,440 hit

2 ページ2

そんなことをぐるぐると考えていると、ふふ…と穏やかな笑みが届いた。



「ふふ…、ごめん。
俺さ、その日一緒に過ごす人…できたんだわ」



照れたように頬を掻きながら、ちょっと俯いて幸せそうに口元を緩めて話す表情に、ここが局の廊下であることも忘れてただただ見惚れた。



「んー?…んふ、そうそう。
…え?…やだよ、恥ずかしいわ。
だってお前囃し立てるじゃんか。…大事にしたいの。
…んはっ、あー…わーったって、んじゃいつかな」



ねぇ…、それってさ…もしかして俺のこと話してるの?
…俺のこと、大事にしたいって他の人に言ってくれるの?




感動を通り越して目頭がカッと熱くなるのが分かった。
今にも泣きそうになるのをグッと堪えてこれ以上北山を視界に入れないようにしようと一瞬顔を背けたとき、ちょうど電話が終わったところだったのか俺に気づいてくれたらしく、あれっと声を上げた。



「あ、そうか。ここで仕事って言ってたっけ?」
「あ…、うん」



スマホを再びポケットに収め、少し表情を和らげながら近づいてくる。
俺はまだ偶然ながらに聞いてしまった会話の内容が忘れられなくてまともに顔を見ることができない。

おかしいな、今までちゃんと人並みの恋愛経験践んできたつもりだったのに、お前の前では全然通じないや。



「偶然だな。もう帰るとこだった?」
「あー…うん、……話したいことあってさ」



もしかしたら会えるかも知れないと思って探していたと素直に白状すると、珍しいなと穏やかに微笑む顔とぶつかる。



「っ…」
「ん?どしたの?」



先を促すように優しい口調で訊いてくれる仕草は昔からずっと変わらない。

こういう表情が垣間見えるとき、あぁ…この人は俺よりもずっとずっと大人なんだよなぁと埋められない年の差を感じてしまう。

たった二つといえど、その差は大きい。



「あのね、北山…」
「はい?」
「…17日って、空いてるかな?」



意を決して誘うと、目の前の君はきょとんと首を傾げた。
そして何かを悟ったように目をぱちぱちと瞬かせた後でふふっと小さく笑った。



「あれ、俺はもうとっくに一緒に過ごすもんだとばかり思っていたけど」
「っ…、そ、そうだよっ」
「あははっ、…うん。空いてるよ」



少々喰い気味になりながらも答えると、北山はおかしそうに笑った後で嬉しそうに目を細めた。

3→←1(祝福)



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (311 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
682人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

絢音(プロフ) - たいちゃんらぶさん» 本編のみったんはやや不安要素を残して終えましたが、アフターストーリーの番外編ではそんな杞憂も消えたいぴにすっかり心預けているみったんを描けていればなぁと思う次第であります(*゚▽゚*) (3月18日 20時) (レス) id: f3e37fdd05 (このIDを非表示/違反報告)
絢音(プロフ) - たいちゃんらぶさん» たいちゃんらぶさん♪たいぴの勘違いからコメディ風に進み、そして甘々シーンを経てより一層幸せな二人にできて私も嬉しく思います( ̄∀ ̄)♪Yの証人も楽しんでもらえてよかった〜♪ (3月18日 20時) (レス) id: f3e37fdd05 (このIDを非表示/違反報告)
絢音(プロフ) - ユキスケさん» ユキスケさん、お久しぶりです(^^)♪私まで優しくなれそう、そのお言葉に本作を創って良かったなと心から思えました…!Yの証人もありがとうございます(笑)第三者目線はなかなか新鮮で楽しく書けました♪ほっこり甘々な二人にできて良かったです(*゚▽゚*) (3月18日 20時) (レス) id: f3e37fdd05 (このIDを非表示/違反報告)
絢音(プロフ) - ピンクピーチさん» ピンクピーチさん、いつもありがとうございます♪今回は完全片想いから始まるという珍しい入りでしたが、甘々な着地にもっていけてホッとしております( ̄∀ ̄)横尾さんエピも楽しみながら追加しましたが、楽しんでもらえて良かったです(^^) (3月18日 20時) (レス) id: f3e37fdd05 (このIDを非表示/違反報告)
絢音(プロフ) - *コウ*さん» コウさん、初めまして(^^)序盤からもどかしい二人を見守って下さりありがとうございました!今回かわいめなきたーまさんを書けて私も大満足です(*゚▽゚*)また別の作品でお会いできる事を楽しみにしています♪ (3月18日 20時) (レス) id: f3e37fdd05 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:絢音 | 作成日時:2019年12月21日 13時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。