占いツクール
検索窓
今日:118 hit、昨日:95 hit、合計:9,646 hit

97話 ページ3

「そ〜れッ!」ブゥアア

飛「ひゃっほー!」ドボーン

デ「A! もっかいやってくれ!」

「はーい、いいですよー! えいッ!」ビューン

わたしは、デイダラさんと飛段お兄ちゃんを嵐鬼流で高く飛ばして遊んでいた

飛「ぶはっ! くぅーッ! これ楽しいな!」

デ「まったくだぜ! うん」

「それは良かったです! ふぅ…」

『ちょっと疲れた…』

嵐鬼流はチャクラを風に変えるため少々疲れる
それにまだ慣れていないのも事実…すると

サ「おいお前ら、遊ぶのもいいがAのことも考えろよ?」

遠くから見ていたサソリさんがわたしを心配してくれた

デ「あ、そういや この術…」

「大丈夫ですよ、サソリさんこれも修行の一環みたいなものですし それよりサソリさんも一緒に泳ぎませんか? 」

サ「……いや、俺はいい」

「?」

デ「サソリの旦那は泳げねぇんだよ うん」

『そういえば サソリさん身体が傀儡だから泳げないんだっけ?』

サ「俺はいいから、お前らで楽しめ もう少しで帰るんだからな」スタスタ

そう言ってサソリさんは浜辺を歩いて行った
そう、明日の昼にはアジトに帰らなければならないのだ それに…木の葉にも戻らないと

『もうすぐで…本戦かぁ』

バシャッ

「わっ!」
突然水を顔にかけられた

飛「にししっ! ぼーっとしてるからだぜぇ?」

「…やったねぇ…くらえ!」ザバァ

わたしはお返しにガノトトスをお見舞した

飛「おいッ! そりゃねぇだろ! オワッ」ドパンッ

「アハハハッ!」


そのころ浜辺では 鬼鮫さんと角都さん、そして首から下を埋められたトビがわたし達のことを見てた



鬼鮫side
「本当に楽しそうですね Aさん」

角「あぁ…」

ト「初めの頃とは、全然表情が違いますもんね」

角 ジロっ

ト「そ、そんなに睨まないでくださいよぉ…」

「しかし…わたしはまだ心配です 大蛇丸の件もありますが、あんな優しい子に尾獣集めを手伝わせるのは酷です」

角「鬼鮫…もうアイツは立派な忍で、暁の一員だ
ただの子供じゃない…それにアイツも自分の立場はわかってるはずだ」

「…そうですが」

ト「鬼鮫さん 心配なのはわかります、でもAさんは強い人です 今の彼女なら大蛇丸にも負けませんよ! それにいつか僕達を超えるほどの存在になると思いますよ!」

そう言ったふたりの顔は希望に満ちていた

「そうですね…ならもう少し見守りましょうか」

こちらに手を振るAさんに私も手を振り返す

98話→←96話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.6/10 (13 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
28人がお気に入り
設定キーワード:NARUTO , , オビト
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:溝呂木 | 作成日時:2019年9月14日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。