占いツクール
検索窓
今日:44 hit、昨日:336 hit、合計:84,662 hit

不可抗力 ページ33

帝統side






一二三「Aは?

お酒って飲めんの?

てか飲ませて大丈夫?」




帝統「歳が分かんねぇから

なんとも言えねぇけど、

ちょっとくらいなら

大丈夫じゃねーか?


……Aもなんか

興味持っちまったし」





さっきから飲みたそうに

うずうずしている。





帝統「Aは、お酒

飲んだことねぇよな?」



A『……んー、、ん。』コクン




一二三「なら、この甘くて、

あんまし強くないやつ飲んでみる?」



A『!…ん!』キラキラ



独歩「先生は、何飲まれますか?」



寂雷「私はお茶で構わないよ」


独歩「分かりました。」




一二三「帝統は?」


帝統「ビールで。」


一二三「ほい、どーぞ!」


帝統「さんきゅー。」


一二三「俺っちもビールでいいや!

独歩もっしょ?」


独歩「あぁ。」




一二三「んじゃ!

かんぱ〜〜いっっ!!!」




「「「かんぱ〜い!!」」」『ん!!』






ゴクゴク



帝統「……A、どうだ?」



A『ん!……』ゴクッ…ゴクッ



一二三「大丈夫そうだね、

A、たまに、お水も飲んでな〜。

あと、気持ち悪くなったら

ちゃんと言ってね〜!」



A『……ん!』









一二三の作った飯もつまみも

全部美味いし

Aが来てから酒なんて

ずっと飲んでなかったから

すっげぇ美味く感じた。



それに、超楽しい!









帝統「一二三!これもうめぇ!」


一二三「ははっ、あんがと〜!」






独歩「っ、……////」




寂雷「独歩君?大丈夫かい?」




帝統「?……あぁ、A

寝ちまったか。」





独歩「////………そ、そうなんだが、

その…………っ……」




一二三「?どーしたー、独歩〜?」




さっきから独歩が

手で両目を覆って赤面している。




帝統「さっきまで抱きついてたやつが

そんなんで赤くなんなよ。」





独歩「っ、いや、……その……



…………っ!!すまん!!」




「「「!?!?」」」



一二三「独歩ちん!?

まじどうした〜??」



独歩「ふ、…不可抗力なんだ…。


けど、帝統も悪いんだからなっ!」



帝統「は?なんの事だよ?」




独歩「っ…///…………Aにっ、!

なんで下着しか着せてねぇんだよ!?」




は?




帝統「……ダメなのかよ?」



独歩「ダメだろ!!!

これは!前がボタンなんだ!

隙間から見えたんだよ!

っ……決してわざとじゃないからなっ…!」

寝言→←お酒



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (67 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
199人がお気に入り
設定キーワード:ヒプマイ , 有栖川帝統 , 逆ハー   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

チョコレートバカ - あああああっっ…続き、楽しみですっっっっっ! (6月30日 21時) (レス) id: b750cb0a89 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ゆず | 作成日時:2019年6月23日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。