占いツクール
検索窓
今日:7 hit、昨日:287 hit、合計:85,622 hit

チャレンジ ページ27

帝統side







風呂上がり、、

こいつら、特に独歩がうるせぇ。


変な目で見んじゃねーよ…。






一二三「あの、

話を逸らして申し訳ないけど、

良かったら、Aの髪を乾かすのを

僕にやらせてくれないかな?」




帝統「Aが良ければ、いいぜ。」


A『……ん。』コクン



一二三「ホッ…ありがとう。

じゃあ、A。ここに座って。」




A『ん。』




えーーと、、



帝統「……A。

手、なんで離さねぇの?」


A『ん?……や?』



帝統「いや、じゃねぇけど。

……まじで、なんで?」



A『………………』ナデナデ




いつもなら何となくAの言いたい事

分かってやれんのに、

今は、全然分かんねぇ。






寂雷「……あ。

もしかして、私達が親しくすると

帝統君の機嫌が悪くなって

しまうから、では?」



A『……ん。』ナデナデ






……なんだそれ。…………はっず。///




帝統「…………すまねぇ。///」




寂雷「ふふっ。微笑ましいね。

人の心に敏感な、

Aらしい気遣いだよ。」




独歩「こんな事まで気遣えるなんて

まさに天使だ……。」





帝統「……とりあえず、

髪乾かしてやってくれ……。」









ブォォォオ



一二三「……ふふっ。とても

気持ちよさそうな顔をするね。






出来た。


A、どうだい?」





A『ん!ありがと!』ニコッ


一二三「ふっ。どういたしまして。



…………A、

お礼と言ってはなんだけど少しだけ、

僕のお願いを聞いてもらえないかな。」




A『ん?』




一二三「……少しだけでも、

Aの前で、スーツを脱いでみたいんだ。

……練習に、付き合ってほしい。」



A『!……ん!


ひふみ、、ここ、ね?』




一二三「ん?」




スタスタスタ




A『ん!…いー、よ。』




寂雷「なるほど。負担が少ないように

離れてくれたんだね。」









一二三「いくよ。……

怖がってしまったら、ごめんね。」






こいつは、ほんとに無理なんだな。

すげぇ震えてる。





スッ



一二三「……っ、、!

Aは怖くないっ…Aは怖くないっ…!」





独歩(お、おおっ!目はつむってるけど、

とりあえずいけたぞ!)


寂雷「…………一二三君、」


一二三「っ!」ビクッッ



寂雷「……目を、開けられるかい?」




一二三「……フゥ。……いきまっすっ、!」

服装→←パジャマ



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (68 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
200人がお気に入り
設定キーワード:ヒプマイ , 有栖川帝統 , 逆ハー   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

チョコレートバカ - あああああっっ…続き、楽しみですっっっっっ! (6月30日 21時) (レス) id: b750cb0a89 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ゆず | 作成日時:2019年6月23日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。