占いツクール
検索窓
今日:153 hit、昨日:442 hit、合計:21,135 hit

番外編 「男と女の出会い」 ページ20

番外編ですから、読まなくても大丈夫です。よろしければ、お願いします。

***

「お父様は、立派に戦って亡くなったの。」



男は、泣きながら呟く母親を見ていました。



男が生まれたのは、人々争いが絶えない世界でした。



武器を握り、多くの人が戦闘の渦に飛び込んでいったのです。



男の父親となった人も、そうでした。



味方の為に、戦って死んだのでした。



まだ男が少年の時でした。



男は泣きませんでした。何も思いませんでした。



ああ、死んだのか。



自分も、数年後には、きっと部隊に入るだろうと考えながら。



男は黙って、泣きじゃくる母親に抱き締められていました。


***


くるくると季節が回り、男は部隊の中にいました。



男の部隊は、多くが新入り隊員で構成されていました。



隊服を着て、刀を脇に。男は何も怖くありませんでした。



むしろ、つまらないこんな人生を、早く終わらせたいとすら考えていました。



少し待つと。男達の前に、一人の女が現れました。



見慣れない、真っ白な髪の女でした。



鋭い瞳は、男達を見回し。女は話しだしました。



「今日から、私がお前達を率いる。



死にたくなければ、訓練を積み、実力を磨け。」



凛とした、濁りのない声でした。



声だけで、熟練の猛者だと分かりました。



それが、男が女を見た、最初の時でした。



暫く女は、隊員を見渡しました。



そして、ふと。



男の前に進みました。



男は無言で女を見ました。



女は笑いもせず、男に言いました。



「...お前に決めた。



お前を、この部隊の副長とする。



私の補佐を頼む。」



少しばかり目を見開いて、それでも男は答えました。



「...はい。」



何故、男を選んだのか。



女は教えませんでした。白い髪を揺らし、行ってしまいました。



男はため息をつきました。



簡単には、死ねなくなってしまいました。



男は去っていった女の背中を、



ずっと見つめていました。








***

読んで頂き、ありがとうございました。

突然ですが、新作。→←設定



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (136 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
53人がお気に入り
設定キーワード:オリジナル , 期間限定公開 , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

孤独な月 - ライス。さん» ありがとうございます。大切の意味は人それぞれだと思います。あなたに幸せが訪れますように。 (10月18日 12時) (レス) id: 1bda2ccaaa (このIDを非表示/違反報告)
ライス。 - 長文失礼しました (10月18日 10時) (レス) id: 2e24d3a77d (このIDを非表示/違反報告)
ライス。 - 初めて題名を見たときは百万回生きた猫のようなお話なのかな?と思いましたが、所々の伏線や、恋愛なども入っていてとてもいいお話でした。人間だからこそ、思うこともあると思います。[大切]が少しわかったような気がしました。 (10月18日 10時) (レス) id: 2e24d3a77d (このIDを非表示/違反報告)
孤独な月 - しぇるふぃあ。((芦原晴))さん» ありがとうございました。人間が登場人物だからこそ、ってあると思っています。凄く嬉しい感想、ありがとう。 (10月18日 7時) (レス) id: 1bda2ccaaa (このIDを非表示/違反報告)
しぇるふぃあ。((芦原晴))(プロフ) - 始まりの某絵本(百万回生きた猫)のような素朴さ、主人公が猫ではなく人間だからこその深み、後半の胸アツ展開(語彙)よかったです!!この話のテーマ(間違ってたらすみません)が最後にしっかり書ききられていて余韻に浸りました… (10月17日 22時) (レス) id: e1e6930621 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:孤独な月 | 作成日時:2020年10月15日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。