占いツクール
検索窓
今日:6 hit、昨日:12 hit、合計:806 hit





小中学生に贈ります。






まずこの作品を、これからインターネットと言う世界に触れる、あるいは触れたことのある小中学生を対象に贈ろう。


これから言うことを、きちんと理解してからインターネットの世界に飛び込んで欲しい。












まず、全員が分かっているだろうけれど、インターネットは、


“誰”が“どんな人”か


全く分からないのだ。



例えばここで私が「自分は20代の男性です」と言おう。

そうすれば、ここでの人物像は20代の男性になる。

そして、君達のような「自分は小学生6年生の女の子です」と自己紹介すれば、人物像はそれ通りになる。



Twitterと言う有名なSNSがあるが、占いツクールはそれよりも遥かに『偽装』がしやすい。


『偽装』と言う言い方をすれば、それは少し悪いイメージが湧くだろう。


そこで大事なのは、『偽装』を鵜呑みにしないこと。


そして。


自分も『偽装』を使いこなす事だ。




私が君達ぐらいの時にTwitterで、成人男性2人と、やり取りをした事がある。


もちろんその2人が成人男性かも怪しいが、私はその時、嘘をいくつもついた。




まず、どこに住んでるかを聞かれた時に、他県の名前を返した。


相手は私が生意気な子供だと思って聞いてくるのだから、バカ真面目になんか返せないだろう。





そして年齢を、その当時より5つほど上の年齢で答えた。


小中学生は特に馬鹿にされやすい。高校生、大学生辺りの年齢ならまだ安心だ。





さらに、相手に夢中になっているフリをした。


貴方に興味津々です、と言う態度を取れば、相手も引っかかったと思うだろう。





基本的にはこの3つの『偽装』が使える。


優しい『偽装』でやんわりと騙せ。


それがインターネットの恐ろしい魔の手から君を守ってくれる。


















今の話題は、『偽装』について話した。


次は、『人の目』について話そう。






『人の目』というものはインターネット以前に、様々な時でもそれを気にしなければいけない。


特に、ネットはいつもの何倍も何倍も、気をつけて欲しい場所だ。



まず、インターネットに自分が発信していく行為に、責任感を持て。

こればかりは、優しい言葉で注意することも出来ない。


インターネットに載せると言うのは、君から話題を提供しているのを前提に置いて欲しい。

そして、それに対してどんな反応が来ようと、過激な内容やパスワードをかけたり鍵垢にしたり…そう言った事がない以上、どんな反応でも咎めることは難しい。


なぜなら、君がインターネットに触れている時点で、それを理解してインターネットを使っているのだと、他者は信じているからだ。


これは責任だ。『人の目』に触れられるはイコール、どんな『人の目』でも、余程のことがない限りは咎められない。


どうしようもないじゃないか、と言いたくなるのも分かる。だが、こういう時の為には“注意書き”と言う手がある。


占いツクールで例を言おう。


「この作品は台本書きを使っております。苦手な方は閲覧を注意してください」


こう書いてあれば、マトモなやつはまず理解出来る。

台本書きが苦手なら去り、平気ならそのまま読めばいい。


だが、例えばその小説のコメント欄に、


「顔文字が不快です」


と来たとしよう。

その場合、ダメだったのは“作者側”となる。

なぜなら、それを前提として読者に読んでもらっていないから。


そして、そのコメントは“批評”だからだ。


こうなればどんなに言い訳しようと作者側が悪で、暴言、中傷コメントがない限りは覆せない。

凄く腹立たしいだろう。






そして、占いツクールでその手をされた時1番厄介なのは、“ストーリー”あるいはその作品の主軸自体を悪いと言ってくる事だ。

例として、占いツクールの二次創作によくある“裏切り”や“嫌われ”について書こう。


二次創作の“裏切り”や“嫌われ”は、文字通りキャラクター達が主人公を裏切ったり嫌ったりするような話だ。

そんな作品にこんなコメントがきたとしよう。



「キャラクターが敵で不愉快です」



そう言われたら、耐えるか、作品にパスワードをかけるか、作品を消す。


それぐらいしか方法が無いと思われる。

インターネットに触れるのなら、どんな人が自分の提供した話題を見てもいいように作るのが鉄則。


自分で勝手に“批判は受け付けない”なんて、くそったれにも程がある。


そんなルール、お前の中だけだ。




嫌だと思うのなら、些細な事でも注意書きをして、『人の目』から自分を守れ。



ルールと注意書きは違う。

ルールは占いツクールで言うところの、作った側の人間が決めることだから、君達が「これは暗黙のルール」だと決めようと、周りからは分からない。

だから注意書きをしっかりと書いて、ネットに載せれば、君の提供した話題に興味がある人のみ見てくれるだろう。


最後に、占いツクールでの“批判コメント”や“低評価”について話そう。

まず、“批判コメント”に関しては、「死 ね」や「殺 す」等の言葉を使われてない限り、君が注意書きでやめてくれと言われても出来ない。

なぜなら、占いツクールは人の作品に評価する事が出来るサイトだから。

そして、それと同様に“低評価”も注意書きでは対処出来ない。

“批判コメント”と同じ理由でだ。

評価されたくなければ、パスワードをかけることをオススメする。







以上。






勿論、“注意書き”に関しては読者側も従えよ。



















最後に、『迷惑行為』について話そう。



マトモなやつらは落ち着いて読んで欲しい。



まず、インターネットと現実のマナーはほとんど変わらない。

上記の二つのことと、人が迷惑だと思うことはしない。

これが守れなきゃ、腹の中からやり直せ。



暴言を吐かないは勿論、人を傷つけてもダメ。

こんな事は誰でも分かるよな、分からないやつはまずインターネットを使うな。


“批判コメント”、“低評価”と、“暴言”や“アンチ”は違う。



勿論、やってはいけないのは後者の方。

「死 ね」「殺 す」「殴る」等を含む暴言は、どんな時でも言うんじゃない

そして、「なんかウザイ」「まだ書いてんのキモイ」等を言うのもダメだ。

それは人を傷つける言葉だし、そんな言葉を使えてしまう人間もダメだと言うことを、理解して欲しい。


上記の行動は全て、『迷惑行為』だ。


やった人のせいで、マナーが悪くなるから、絶対にやるなよ。















以上が、これからインターネットと言う世界に触れる、あるいは触れたことのある小中学生を対象に贈りたい事だ。


インターネットは難しい事が沢山ある、私も理解できないことがまだまだある。


それでも未知の世界は楽しいし、やめろとも言わない。


使い方を間違えないよう、頑張ってね。

ホムペを作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (149 票)

このホムペをお気に入り追加 登録すれば後で更新された順に見れます
10人がお気に入り
設定キーワード:インターネット , 占いツクール , 占ツク , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

奏汰くん(プロフ) - です。過去のツイートやそのIPアドレスから住所、名前、性別、年齢、家族構成、友人、出身母校、職場がバレる可能性があります。割とこの手のストーカー、特定厨は多いのでお気をつけ下さい。基本標的は有名人ですが、住所を聞かれていたため長文失礼しました。 (5月8日 3時) (レス) id: 98923103cb (このIDを非表示/違反報告)
奏汰くん(プロフ) - すいません。主旨と異なりますが危険でしたので意見させていただきます。過去に成人男性を騙る方々とお話をされたようですが、Twitterの場合割と簡単に個人情報を抜くことができるので住所や年齢など個人情報を聞かれた場合無視、ブロックあるいは通報したほうがよい (5月8日 3時) (レス) id: 98923103cb (このIDを非表示/違反報告)
作者 - ズンダモチさん» まぁならコメントでどこが悪かったか述べてもいいでしょう。アンチじゃなくて批判ですから (4月28日 12時) (レス) id: ff02591f43 (このIDを非表示/違反報告)
ズンダモチ - たとえ低評価押しても、低評価のため点数には入りませんってなるからな・・・。 (4月25日 5時) (レス) id: 3357bc4a57 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような占いを簡単に作れます → 作成

作成日時:2020年4月21日 10時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。