占いツクール
検索窓
今日:7 hit、昨日:27 hit、合計:13,470 hit

6-14 ページ14

「…なんでまた笑うんですか」

「いや…この状況で、そんな質問が来るとは思ってなかったから」

…確かに普通に考えれば、今の私達は先生に再び人質にされた身。こんな疑問を抱く余裕もないのかもしれない。鞄やスマホだって没収された。
それらが入った袋を見遣る。

間近で見ると袋は結構重そうで、私も結城さんと一緒に手伝えばよかったと後悔した。

「もう気づいたんだな、早いな」

先生は感心したように言った。

何に、かは訊かなくても分かった。

「別に大したことじゃない」

先生はそう前置きして、私の質問に答えてくれた。

「教室を爆破する、って言った時」

ついさっきの事なのに、話をする先生の目はどこか懐かしむように細められていた。

「他の奴らは多かれ少なかれ怯えた顔をしてたのに、蒼井だけは不思議そうな顔でこっちをじっと見てて。
こいつ俺のこと全然怖がってないなって思ったら、思わず」

そう言って、先生はまた笑う。

その無邪気な笑顔は、まるで同い年の男子高生みたいで。

触れたいな、と思ってしまった。
今なら触れられるんじゃないか、と思ってしまった。

思ってしまった私は、

ほとんど無意識に、先生の頬に手を伸ばしていた。

その手を掴まれた。

先生が、私の手を掴んでいた。

先生は眉を下げて、私の手をそっと押し戻した。

「蒼井、そろそろ教室に戻れ」

教師の顔で、そんなことを言う。

それは柔らかな拒絶だった。

かなしい、とか、くるしい、とかじゃ括れない、負の感情に押し潰されそうだった。

「…ごめんなさい」

俯いて唇を噛む。

そうしないと、色んなものが、目から口から零れてしまいそうだ。

どうして。

その一言が、唇の裏側にまでせり上がっている。

私は先生の顔を見れないまま、美術室を出て行った。


私達の間には距離がある。

教師として、生徒として、適切な距離がある。

それはとても正しいことだ。

でもその正しさが、とても寂しい。

6-15→←6-13



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (28 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
290人がお気に入り
設定キーワード:3年A組 , 柊一颯 , 菅田将暉
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

まろん(プロフ) - 読んでて切なくてきゅんきゅんしてます!何度も何度も読み返してます!更新楽しみにしています!頑張って下さい、応援しています! (6月2日 14時) (レス) id: 2af5865e58 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:さな×りお | 作成日時:2019年5月11日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。