検索窓
今日:1 hit、昨日:4 hit、合計:4,905 hit
僕は、ただの側近。



命じられた命令を最優先に



必ずすべてをこなしてみせる。



それが、僕の役目だから。



サリバン「僕の孫を支え、守ってほしいんだ」



僕を助けてくれた貴方様の命令とあらば



必ず、守り通して見せます。



__



※魔入間 落ちはエイト先生です。

※名前固定です

※悪コメなどおやめください

※評価&コメントよろしくお願いいたします。執筆状態:完結










おもしろ度の評価
  • Currently 9.00/10

点数: 9.0/10 (28 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
67人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

豆腐の凉宮 - 最高っす!!! (6月4日 22時) (レス) @page8 id: c43eafab12 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:rai | 作成日時:2023年5月20日 12時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。