占いツクール
検索窓
今日:83 hit、昨日:323 hit、合計:34,164 hit

第8話 ページ9

万事屋を出て街を歩く。

都会ってすごいな〜。

もう8時なのにこんなにたくさんの人が歩いてる。

不思議な感じがする。私がいたところではこの時間は静かだったから。

街をとりあえずぶらりと歩いてみる。

あっそうだ。真選組の屯所ってどこだろう。宿敵沖田総悟のいる場所ぐらい把握しておきたい。

「すみません、真選組の屯所の場所を教えていただけないでしょうか」

近くの人がわかりやすく教えてくれた。

うーむ。親切だ。

その人にお礼を言って教わった通りに歩いてみるとそれらしい建物を見つけた。

真選組って書いてるしここだね。

よし。ここには近寄らないでおこう。

帰ろうと思って歩き出すとどんと人にぶつかってしまった。

暗くて気づかなかった。

その人は男性だったようで私はしりもちをついてしまった。

「悪い、大丈夫か?」

「すみません。ありがとうございます」

差し出してもらった手を握り立ち上がった。

「って、お前は」

「あっ土方さん?」

「たしか、Aって言ってたか」

「はい」

「ぶつかって悪かったな」

「いえ、こちらこそ気づかなくてすみません」

「こんなところにいるってことは真選組に用か?」

「あっいえ。何でもないんです」

「そうか?」

二人とも変えるタイミングが分からなくて何となくお互い見合っていると少し離れたところから声が聞こえた。

「死ね土方ーーーー!!」

すぐにミサイルみたいなものが飛んできた。

え?

ドーン

私はすぐに反応できなくて巻き込まれる!!そう思って目をつぶったけど待っても痛みは感じなかった。

「大丈夫か?」

そーっと目を開けてみるとこけた私に土方さんが覆いかぶさっていた。

かばってくれたのだろう。なんていい人。っていうかこの体制恥ずかしすぎる。

「す、すみません。ありがとうございます」

土方さんは立ち上がり、ミサイルをうってきた張本人の方を見た。

「おい総悟ぉぉぉいきなりなにしやがんだ」

「あれ?土方さん一人じゃなかったんですかぃ?」

沖田総悟は私に近づいてきた。

えっこっち来るの?やだやだ近づきたくもないんだけど。

「あれ?」

「どうも」

「巻き込んじまったな」

「いえ。大丈夫ですから」

「土方だけをやるつもりだったのに」

「おい総悟。それはそれでやめろ」

「冗談でさぁ」

絶対冗談じゃないよ。ガチじゃなきゃミサイルなんてうたないもん。

沖田総悟は土方さんの事嫌いなのかな?ミツバ姉さんがらみ?な、わけないか。

第9話→←第7話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (48 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
134人がお気に入り
設定キーワード:銀魂 , 真選組 , 万事屋
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

いずみ(プロフ) - 沖田夕重さん» 読んでいただきありがとうございます。亀更新ですがこれからも読んでくださると嬉しいです! (3月25日 20時) (レス) id: ce54617277 (このIDを非表示/違反報告)
沖田夕重(プロフ) - とても面白いです!夢主ちゃんが憎めなくて魅力的なキャラだと思います。更新頑張ってください! (3月25日 20時) (レス) id: e33e8487ea (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:いずみ | 作成日時:2019年3月5日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。