占いツクール
検索窓
今日:3 hit、昨日:14 hit、合計:12,544 hit

_ ページ20

祐基side

体育の時間、Aちゃんと目が合った。
僕のこと見てくれてたんだ!と思って嬉しかった。

Aちゃんが、ピースしてくれたから僕もピースを返した。

クラスに戻ってAちゃんと話そうと思ったけど女子がいて、話しかけることが出来なかった。

Aちゃんの事しか考えてなくて、女子が何を話していたかはあまり覚えてない。


やっと、女子たちの話が終わってAちゃんの所にいった。

「体育僕のとこ見てくれてたでしょ?」

Aちゃんは、顔を赤くして「うん」

と言ってくれた。

自分で聞いたくせに、自分まで顔が赤くなる。

_→←_



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 7.8/10 (10 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
48人がお気に入り
設定キーワード:超特急 , 病気 , 恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ぱぴこ - 1週間サバイバルで生きれるかどうかのキヅマニ×やでちゃんさん» 嬉しい感想いただけて本当にありがとうございます! (8月15日 12時) (レス) id: 256730d08c (このIDを非表示/違反報告)
1週間サバイバルで生きれるかどうかのキヅマニ×やでちゃん - 良いお話でした(泣) (5月19日 15時) (レス) id: 71f1c4ac9a (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ぱぴこ | 作成日時:2017年5月17日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。