占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:1 hit、合計:97,776 hit

絶対に帰ってくるから ページ24

貴女side




こうやって抱き締めている感覚は幼いユーリ達を抱き締めている感覚にとても似ていた。




容姿もそっくりで抱き締めずにはいられなかった



貴女「ありがとう。ごめんね。」



と言って私は二人から離れた。



ユリ「お姉ちゃん優しかったよ!」



ユキ「うん!あったかかった!」




貴女「そっか…ありがとう。じゃあバイバイ」



ユリ/ユキ「「バイバーイ!」」




ゴウセル「夕方までには帰る。」



貴女「分かった。」




ゴウセル達はまた街へ戻った。




メリオダス「行かせてよかったのか?」





貴女「うん。いいの今度は絶対に帰ってくるから」



***


ゴウセルside



ゴウセル「ただいま」



ユリ/ユキ「「ただいまー!」」



母「おかえり」




と玄関まで迎えてくれた。



ゴウセル「母さん。父さんは居る?」



母「いるわよ。書斎に」



ゴウセル「呼んできてくれないか?大事な話があるんだ。」



それから数分後全員が揃った。



父「話とは?」



ゴウセル「俺は貴方達の息子ではない。」



母「何を言ってるのゴウセル。」




ゴウセル「これが真実だ」



パチンと指を鳴らすと…



父「息子のゴウセルは死んだ…」



母「崖から転落した…」




ユリ/ユキ「「お兄ちゃんはもういない。」」




失った記憶が元に戻っていく。

ただいま→←待って



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (49 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
144人がお気に入り
設定キーワード:七つの大罪 , ゴウセル , 二次元   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

美歌(プロフ) - せいにゃさん» わかった! (2015年3月24日 16時) (レス) id: 99ee8a3763 (このIDを非表示/違反報告)
せいにゃ(プロフ) - 美歌さん» ごめん!寝てましたw今やっていい? (2015年3月24日 16時) (レス) id: c4a5b578e8 (このIDを非表示/違反報告)
美歌(プロフ) - せいにゃさん» わかった! (2015年3月24日 1時) (レス) id: 99ee8a3763 (このIDを非表示/違反報告)
せいにゃ(プロフ) - 美歌さん» 美歌が準備できたら、はじめるよー!コメントのせていい? (2015年3月23日 22時) (レス) id: c4a5b578e8 (このIDを非表示/違反報告)
せいにゃ(プロフ) - 美歌さん» んと、題名とパスワードをコメントにのっけるから、それをみて、あたしの名前のとこおして、パスワード保護のとこにいって、パスワードうてばオッケーだよー!では、やっていいですか? (2015年3月23日 22時) (レス) id: c4a5b578e8 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:美歌 | 作成日時:2015年3月21日 13時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。