占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:1 hit、合計:1,166 hit

理不尽 ページ3

ハナがクラスに友達をなくしたのは、あの日からだった。

 私は転校生、ハナ。転校してきて、誰がどんな子なのかも全然分からないし、誰となら気が合いそうのかも
何もかも全く分からなかった。
そんなだから私は、早く友達を作らないと、って思ってた。みんなが最初は近寄って来てくれる、だけどそれは、
転校生が珍しいからであり、私と仲良くなりたいからではなかった。

 「早く、自分に合う子を見つけないと」そう思ってた私は、友達を作ろう、早く作ろう、と必死だった。
それがよくなかったのだろう、私は、幸運なことに友達を2人作ることができた、と思っていた。
いや、実際できたのだ。2人は私に優しくしてくれて、私もそれがすごく嬉しかった。

 そう幸せを感じていた矢先、クラスの代表のような子が私に、
「なんでこないだ入ってきたのにもう親しくなんかなっちゃってんの?」と。
言葉のナイフってこれのことなんだって思ったよ。

幸せ→←最後



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 0.0/10 (0 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
設定キーワード:短編   
作品ジャンル:詩/ポエム, オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:マーチ | 作者ホームページ:https://twitter.com/march059  
作成日時:2018年1月22日 2時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。