占いツクール
検索窓
今日:252 hit、昨日:312 hit、合計:249,217 hit

ページ28

恐る恐る背後を振り向いた瞬間、鳩尾に蹴りを入れられて思わず後ろに倒れ込む。
しまった、完全に気を抜いていた。
ここは荒廃している街だ。こんなギャングのような輩もいるという事を、完全に失念していた。
深澤から譲り受けた防衛用の道具を取り出そうとした、その時だった。

sk「…ますたぁノ、「キケン」ヲ、さっチ」
自分の前に立ったさくまが、今までにないくらい静かな声でそう呟いた。
阿部「…さくま?」
sk「ますたぁ、まもルノ!」
その言葉と共に、新式の照よろしく改変される腕に思わず声を失う。

ハンドガトリングガンのように変形された両腕が、さくま越しに対峙していたギャングに向けられ。
sk「ハイジョ!」
刹那、とんでもなく響いた銃声と共にギャングが倒れ伏した。
阿部「………」
目の前で信じられない事が起こった時、人はどうやら叫ぶより前に言葉が出なくなるらしい。

そしてまたガチャガチャという音をたて、元のまるで人間のような腕に戻ったさくまは、いつも通りの嬉しそうな顔で阿部の方を向く。
sk「ますたぁ!けガ、ナイ?」
阿部「……え、あ、う、うん…」
sk「ますたぁ、あんゼン!さくま、ますたぁノ、からダ、まもルノ!」
そう、本当にいつもと変わらない笑顔で手を差し出すさくまに、阿部は驚きを隠せない。

阿部「ね、ねぇさくま」
sk「なァニ?」
阿部「さくまは…その、戦える、の?」
sk「さくま、ますたぁヲまもルノ!」
護身用の機械人形…なのかもしれない?
阿部はもしや自分はとんでもない機械人形を拾ってしまったのではなかろうか。
一旦宿に戻って整理しようとさくまの手を取ると、宿への道を歩き出した。

08:Kalanchoe→←*



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (358 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
919人がお気に入り
設定キーワード:Snowman , 雪男 , ファンタジー
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

milkmilkmilk723(プロフ) - 最近このお話を見るために占ツク開いてます!更新応援してます、コロナで騒がれていますがお身体ご自愛ください! (4月8日 21時) (レス) id: 2c3c24b282 (このIDを非表示/違反報告)
I-RISA(プロフ) - Twitterも拝見致しました!お話し繋がってるんですね!続きがとても楽しみです! (4月8日 16時) (レス) id: 52da8c48f6 (このIDを非表示/違反報告)
パスタ好きのさらさん(プロフ) - 湊都さんのお話、面白くて全種類読ませてもらってます!最近の更新で、あれ、もしかしてこれ軍パロの時の繋ぎ…?という期待が膨らみつつあります笑 面白いです、更新応援してます! (4月3日 16時) (レス) id: b898e8ff1d (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:湊都 | 作成日時:2020年3月30日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。