占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:0 hit、合計:6,496 hit

title.136 つきまとい ページ6

貴「とにかく…何としてでも灰崎くんから避けた方が良いと思うの。」





赤司「うん、あれはもうダメだよ。退部させたのに何なのあの子。」




虹「赤司がとてつもないくらいのキャラ崩壊だ…すげぇ怒ってんな。」




赤司「そりゃ怒りますよ、妹の頬掴むし可愛い妹に向かってぶさいくとか…」



貴「ちょ、ちょっと待って?!私そのことまで話したっけ?!!」



赤司「天帝の眼で見抜いた。」


貴「そういう能力だっけ?!」



※違います






虹村「まあ…それは許せねぇよな。」




赤司「危険行動を起こさないか監視します。」







こうして半強制的に灰崎くんは赤司くんに監視される羽目となった。









灰崎「…で、何で俺のクラスに赤司がいるんだよ。」




赤司「昨夜は僕の妹が世話になったね。」



灰崎「げっ…チクったのかよあのチビ……」



赤司「はぁ?」


灰崎(もうヤダこの子、鋏シャキシャキ動かして怖い。)




赤司「それで、僕の妹にまだ手出しするつもりかい?」




灰崎「め、メッソウモゴザイマセン。」




赤司「カタコトだな。やらないよな?」





灰崎「や、やらねーっての!誰があんな色気もないチビに…」


赤司「オヤコロ☆」


灰崎「うわぁぁぁぁぁぁぁぁっ?!!!」







その後、灰崎くんの姿を見たものは誰一人もいなかった…


灰崎「鋏避けて無事だっつーの!!」

title.137 宣言しても→←title.135 ある意味ライバル?2



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (8 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
62人がお気に入り
設定キーワード:黒子のバスケ , 夢小説 , 赤司征十郎   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作者ホームページ:http://uranai.nosv.org/u.php/hp/sui12141/  
作成日時:2015年3月12日 1時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。