占いツクール
検索窓
今日:216 hit、昨日:301 hit、合計:352,993 hit

七十五粒 ページ36

.






私の足元でチタチタと足音が聞こえた。








うっすら目を開けると部屋の中が明るかった。








でもそれはお日様の光じゃなくて、我が家の明かりの光。





そうだ、寝落ちしたのか。






下を見るとこの間拾ったわんこが私の周りをグルグルしていた。







そうこの子、名前は豆ちゃんにしたんですよ。
なんか、ちっこくて可愛かったから。









「あ、そうか、これにびっくりしたのね」








ごめんよ〜と撫でながら自分の携帯を取った。








まだ小さいからだろうか、この子はスマホの通知音に凄く反応したりする。






今だってLINEの通知で驚いたんだと思う。






いつも寝る時はちゃんと音を消してるけどね、寝落ちしちゃったから忘れていた。








時計を散ると針は1時25分を指している。







あー、リレー放送が終わったんだ。
あっという間だった。







余韻放送で私もお酒を開けていた。
まぁもう私も飲める歳になったしね。






でもまだお酒はそこまで得意じゃないみたいで。
いつの間にか寝ていたんだ。








ふと携帯の方に目を落とすと、もりさんからメッセージが届いていた。







でもその内容は「新着メッセージがあります。」と書かれているのでわからない。









届いたのは数分前。

どうしたんだろう、こんな夜中に。







急ぎだったら申し訳ない、と急いでLINEを開く。









.









でも、私はそれから何も言えなくなってしまったんだ。









もしかしたら、は現実で。









助けられない、も現実で。









まるで日記をそのまま貼り付けたような文章は、本当に彼の本音を写しているようで。









私は静かに家を出た。







行く宛てなんかないけれど。







落ち着かなかった。







.

七十六粒→←新しいメッセージがあります。



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (280 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1087人がお気に入り
設定キーワード:すとぷり , なーくん , ころんくん
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

しゅうく(プロフ) - ゆにぃさん» ありがとうございます(´;ω;`)やっと幸せにまとまりました…! (3月17日 23時) (レス) id: 547af1fa67 (このIDを非表示/違反報告)
ゆにぃ - え、泣きました() (3月17日 20時) (レス) id: 68d7e1f8f1 (このIDを非表示/違反報告)
しゅうく(プロフ) - ハルカさん» わー!ごめんなさい…こんなシリアスシーンに…ご指摘ありがとうございます! (3月14日 20時) (レス) id: 547af1fa67 (このIDを非表示/違反報告)
ハルカ(プロフ) - すみません私も誤字してしまいました (3月14日 20時) (レス) id: 796bfd041b (このIDを非表示/違反報告)
ハルカ(プロフ) - 誤字です痛いところを疲れた思った となってます さっきなんて、なんで となってます (3月14日 20時) (レス) id: 796bfd041b (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:しゅうく | 作成日時:2020年2月19日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。