占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:111 hit、合計:26,905 hit

第127話 ページ28

A「…」

私は、顔を伏せた。

バーン「グラン。悪いが、Aは俺が貰うぜ。」

晴矢君は、私の腕を引く。

鬼道「義姉さん!」

円堂「A!」

A「ねぇ…一つ聞いていい?」

バーン「何だ?」

A「さっき言ったこと…その姿が、本当の晴矢君って本当なの?」

バーン「は?当たり前だろ?」

A「そっか…」

私は、顔を伏せた。

何で、ずっと気が付かなかったんだろ。

あの頃の皆は、もう何処にもいない。

A「ずっと信じてた…いつか、サッカーの楽しさを思い出してくれるって…また、昔みたいに皆と笑ってサッカーが出来る日が来るって…でも、全部無駄だったんだね…」

私は顔を上げて、2人を睨んだ。

A「グラン(・・・)バーン(・・・)
私はエイリア学園には絶対に行かない。私の居場所は雷門(ここ)だから!」

鬼道「義姉さん…」

バーン「チッ…そうかよ!」

晴矢君は舌打ちをして、私の腕から手を離した。

ヒロト「Aちゃん、それは俺達のこと裏切るってことでいいのかな?」

A「裏切る?最初に裏切ったのは、そっちじゃない。」

ヒロト「…そうだね。じゃあ、俺達行くよ。これからは敵同士…だね。」

ヒロト君は一瞬悲しそうな顔をして、晴矢君と一緒に光の中に消えていった。

ズキンッ…

A「…」

これでいい。

私は、痛む胸を押さえた。

吹雪「ジェネシスが最後じゃなかったのか?」

鬼道「話の内容からすると、ジェネシスと同格のチームのようだが…」

一之瀬「あぁ。エイリア学園には、一体どれだけのチームがあるんだ?」

壁山「まだまだ、戦っていかなきゃいけないんすね…」

木暮「風丸さん、とっとと撤退してよかったかもね。」

音無「木暮君!」

鬼道「炎のストライカーは奴じゃなかった。さぁ、また一から出直しだ!」

瞳子「Aちゃん、大丈夫?」

A「ねぇ、瞳子さん…」

瞳子「何?」

A「お日さま園の皆は…あの頃の皆は、もう何処にもいないんだね…」

私は、瞳子さんを見た。

瞳子「…Aちゃん、泣きたいなら我慢しなくていいのよ。」

A「…大丈夫、泣かないよ。」

私は、弱々しく微笑んだ。

第128話→←第126話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.4/10 (14 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
37人がお気に入り
設定キーワード:イナズマイレブン , エイリア学園 , 基山ヒロト   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

苺の花(プロフ) - 美味しい木材さん» ありがとうございます^ ^ (10月20日 20時) (レス) id: e27dc06978 (このIDを非表示/違反報告)
美味しい木材(プロフ) - ものすごく面白いです!更新頑張ってください! (10月20日 20時) (レス) id: 9f6bf4ed89 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:苺の花 | 作成日時:2019年10月9日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。