占いツクール
検索窓
今日:8 hit、昨日:131 hit、合計:129,997 hit

「次回あたり本編にとある大物ゲストがとーじょー!!」リ「意外と身近な奴だったりするかもな」コ「この話はそろそろ決着がつきそうだなコラ」「いんや。part6で一番重要なコトが残ってるんだ」マ「知りたかったら目次にある見出しを読むことだね」リ「雪の呪い…?」コ「…どーゆーことだコラ!」マ「それを今度説明するんだろ。…脳筋が」「まーまー」 ページ36

と、思ってたんだけど…やっぱ気配読み間違えてた

内心悪態をつきながら懐から非常用の武器を取り出す



『せやっ』

「ぐっ…こ、これは…!」



そう、私が投げたのは団子の串×5

ちょっとバイパー、呆れた視線はノーサンキューだから



『丁度いいや、凍らしてないのキミだけだし』

「ひっ! 来るなッ」



そっちから仕掛けてきたんでしょーが

喧嘩売った方が早々に引き上げようとすんなよ、度胸ないな



「バケモノがッ!!」



ピタリ、一瞬でも止まった足を呪いたい



『バケモノ、ね……久しぶりに聞いたなソレ』



バイパーやクロームちゃんその他に背を向けている状態でよかった

引き攣った顔なんて見せられない



「8年前から調べはついていたっ」

『うーわー、ストーカーとか最悪』

「ちげーよッ!」



8年前…大学のためにイタリアに行ったくらいの頃か



「物質を凍らせる白い炎を持った女! 黒髪とアイスブルーの瞳の日本人! そしてなによりっ」

『ストーカ確定。凍れ凍れー』

「待て待て待てッ! オレの話を聞いてくれッ!」



団子の串により身動きを取れないダッサイおっさん



「そしてなによりっ……オレ達誇り高きネヴェリータ・ディディーマファミリーのイタリア支部を壊滅させた奴!!!」

『へー、それ誰?』

「お前だよッ」



このおっさん、ダッサイ割りにツッコミが冴えてる

てゆーか、もう大空戦終わりでいいんじゃね?

コイツらは私が相手すればいいんだし



『チェルちゃーん! このおっさん達はどーやら私の客みたいだから放っといて最後の宣言しちゃってくれないかなー』

「お、おっさん…だとぅ!?」



チェルちゃんが後ろで大空戦及びリング争奪戦の終了を宣言するのを聞きながらおっさんに近づく



『そのイタリア支部ってさぁ……ナポリにあった?』

「そ、そうだ!」






ゲシッ






「う"っ」



おっさんのお腹を踏み付ける

ヒールだから痛いでしょ?



『クロームちゃん、早く家に帰りなさい。おチビさん達といてね、離れちゃダメ』

「う、うん」

『綱吉くんたちお子様も帰りなさい。ホラ行った行った』

「え、あの…!」



並中校舎内からさっさと子ども達を追い出す

ザンザスくんとかリボーンはいるけど…まぁ、いいか



『さて…』






キュアアァ…






「ひいぃ!! こ、凍らすのだけは勘弁してくれっ」

『ネヴェリータ・ディディーマファミリーの目的を吐いてもらおうか』



なぜ今更現れた…?

「お待たせいたしましたあああ!!!」ツ「すみませんっ、ほんっとすみません!!」「さー、本日もはりきって行っくぞー!」ツ「コラー!ユキさんも謝ってくださいってば!!」「なんでさー」チェッカー「謝ればアイスをやろう」「よしっ、ごめんね!!」ツ「(生贄キター!)」チェッカー「(何やら悪寒が…)」「謝ったからアイス!それから…殺り合おうじゃないかチェッカー(ニヤリ」チェッカー「!!?」ツ「お疲れ様でーす、ふぅ」→←「第10回恋愛講座を開催致しまーす!」真「本日のゲストは…」ユ「ユニです!」「えええ!?真美ちゃんにユニ!?キミ達まだ年齢的にちょっと…」ユ「お母さんに行ってきなさいって言われたものですから」真「アーデルに送り出されたんだよ」「はぁ…彼女達が言ったんならしょがーないか」真「ねぇユニちゃん、γのどこが好きなの?」「ぶっは…!?」ユ「ええっ」真「ねーねー(ニヤニヤ」ユ「そそそれはっ」「ユニはγなんぞの嫁にはやりませんッ」真「ユキお姉ちゃん…」「な、なにさ!」



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (123 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
153人がお気に入り
設定キーワード:REBORN! , スクアーロ , 転生トリップ   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

霽月(プロフ) - レナさん» この作者の作品全表示、を押してください。その中のシリーズにpart1から入ってます (2015年5月24日 13時) (レス) id: 83e6391475 (このIDを非表示/違反報告)
レナ(プロフ) - あの...これまでのpart1~part5が表示されないので、いきなり意味分からないところから始まるのですが...partからみたいのですが、どうしたらいいでしょうか? (2015年5月10日 8時) (レス) id: 4fb655bc62 (このIDを非表示/違反報告)
霽月(プロフ) - part7でもドーゾご贔屓に!! 本日中に公開いたしまっす (2015年2月17日 22時) (レス) id: 6721436cae (このIDを非表示/違反報告)
霽月(プロフ) - 桜さん» だよね、バレバレすぎてニヤニヤしちゃうwww (2015年2月17日 22時) (レス) id: 6721436cae (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - やだ...カッ消される。wぶほぉw   そうそう、γ、幻騎士君...ドンマイです。 あとねぇ...γクン。君の秘密、バレバレだよぅ?アリアがすk(((( (2015年2月17日 21時) (レス) id: 48993935a3 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:霽月 | 作成日時:2014年11月23日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。