検索窓
今日:4 hit、昨日:88 hit、合計:11,950 hit
「彼女は絶対的中立。だからこそこの町は均衡が保たれている」



「あの子は誰の側にもならない。あの子はあの子の異能以上に興味を持つものがないからね」



「一度会ったことはあるが……彼女は金で買えるような人物ではないな」



「あの子が私のところに来てくだされば善い紅茶が飲めそうですのに……」



「彼女がついた組織がこの街で、いや、世界で最も強い組織になります」







『炎烈火球と滝烈水球を組み合わせるには――』










異能力『魔術』



_______


ATTENTION


・何でもありな方向け(かもしれない)


・最近無意味な低評価をする人がいるらしいです
やめてください





\第五期アニメ文豪ストレイドッグス最終回/ 執筆状態:連載中


















おもしろ度の評価
  • Currently 9.57/10

点数: 9.6/10 (68 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
133人がお気に入り
設定タグ:文豪ストレイドッグス , 転生トリップ , 転七   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

イチィィィィィ!? - え、やばい最高の小説見つけてしまった………!この後の展開気になりすぎる!!応援してます! (9月27日 20時) (レス) id: eb59d2896b (このIDを非表示/違反報告)
kurumi - 唐突な「ふっ、勘のいいガキは嫌いだよ……!」で笑いましたw (9月26日 14時) (レス) @page3 id: 36a2ebbf69 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:三斗 | 作成日時:2023年9月22日 15時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。