占いツクール
検索窓
今日:5 hit、昨日:39 hit、合計:129,718 hit

「あー、そーいえば、クロームちゃんって無事?」山「丁度いまオレ達が助け出してるとこだぜ!」獄「ったく、動けんならおまえが行けよ」「ゴメンネ。こっちも大切な用事があってさ〜」山「ユキさん、あの子スゲーのな!」「?」山「熱くて限界なはずなのに唇かんで耐えてたんだぜ」獄「ま、まぁまぁな奴ではあるよな」「あら…(おチビさんに代わられたくなかったんだね、クロームちゃん)」骸「(くぅっ…無念です!!)」 ページ26

『はぁ…』



くっそ、喉痛い…

静かなココとは正反対に、外は大きな射撃音と破壊音で溢れかえっている

大空戦はマグロの戦いだから助けになんて行くつもりはさらさらない

自分でも…薄情だとは分かってる




「…ザンザスを……守る…?」



なに言ってんだ、そんな目で見られる





「――――ぶっ殺す!!!」





外から怒りの叫び声が聞こえてきた

それにピクリと反応したスクアーロはふっと顔を上げた



「…オレは…オレは、あの怒りに憧れついてきた」

『……』

「名を耳にしたその時から…怒りを身に纏う姿を見た、声を聞いた…あの紅い目に射抜かれた瞬間だぁ…」



睨みつけるくらいの鋭い眼つきでスクアーロは校庭に視線をやる



「オレを、剣を捧げるのはコイツだと思った」



まぁ、確かに

ザンザスくんみたいな、暴君でオレ様だけどやっぱり強くてカッコイイ上司がいてもいいかなー

なんて思ったことはあるけど



「アイツは守られる、なんてガラじゃねぇ」



だからって彼のもとに就かないよ?

だって私の上に誰かいるのって気に食わないじゃんか



『それは同感。でも、彼だって人間だ』



ちゃーんと心を持ってるんだよ

だから養父に裏切られた思いでいっぱいになって、怒った

きっと苦しかったんだろう、悲しかったんだろう…本人じゃないから分からないけれど



『8年前、ボンゴレ柔い謀椶蠅鬚屬弔韻蕕譴燭里魯ミ達がいたからだよ』

「! ユキが…なぜ、ゆりかごを知ってるんだぁ…?」

『調べたからね。ま、それとは別もあるんだけど…』



まぁ、またの機会にでも…



『ボンゴレ樟い鮟笋訌茲い砲海Δ靴謄競鵐競垢んが立っていられるのは…』



マグロ達には悪いけど…



『怒りをぶつける場所があって……キミ達がいるからだよ』

「…は?」

『いくらザンザスくんでも、さすがに巨大マフィアに一人じゃ勝てないでしょ』

「…あたりまえだぁ」

『すーぐにポックリ逝っちゃうよ』



一斉射撃とかされたら堪んないよね

てゆーか…スクアーロったらアホ面

まーだ分かんないの?



『ホラ!』



ビシッとスクアーロに指を突きつける

良い子は人様を指差しちゃダメだよ!



『キミ達に守られてるじゃない? ザンザスくん』

「…は?」

『ボンゴレ独立暗殺部隊ヴァリアー…そのおっきな組織が8年前の時点で解散してたら? ヴァリアーの幹部がキミ達じゃなかったら?』

「そ、れは…」

『ホラ…ね?』



さて、彼のとこへ行こうか

「第9回恋愛講座を開催致しまーす」M「元気ないわねユキ」「ふはっ、もう私ダメだ…」M「ちょっと…いつものハイテンションはどこにいったのよ」ビ「鮫ね?鮫が原因なのね!?」M「そー言ってアンタは毒料理を構えんじゃないわよッ!! って、なんで私がツッコミなんて…!」「ううぅ…ユキちゃんはブロークンハートです。誰か癒してください」ビ「いやっ、行かないでユキ!」「ごめん、ビアンキ…」ビ「そ、んなっ」M「馬鹿なことやってんじゃないわよッ!!ほらっ、骸ちゃんのトコでも行くわよ!」→←「伊達巻ィ―――!!!」ラ「エビーっ」イ「イ、クラ!」ツ「じゃあカマボコ!」リ「栗きんとんも忘れんな」奈「黒豆もねっ」「あとはー…」「「数の子ッ」」ツ「チビどもの目が輝いてる――!?」「歯ざわりがいいよねぇ…うん、頑張っておせち作らないと!!」



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (123 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
153人がお気に入り
設定キーワード:REBORN! , スクアーロ , 転生トリップ   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

霽月(プロフ) - レナさん» この作者の作品全表示、を押してください。その中のシリーズにpart1から入ってます (2015年5月24日 13時) (レス) id: 83e6391475 (このIDを非表示/違反報告)
レナ(プロフ) - あの...これまでのpart1~part5が表示されないので、いきなり意味分からないところから始まるのですが...partからみたいのですが、どうしたらいいでしょうか? (2015年5月10日 8時) (レス) id: 4fb655bc62 (このIDを非表示/違反報告)
霽月(プロフ) - part7でもドーゾご贔屓に!! 本日中に公開いたしまっす (2015年2月17日 22時) (レス) id: 6721436cae (このIDを非表示/違反報告)
霽月(プロフ) - 桜さん» だよね、バレバレすぎてニヤニヤしちゃうwww (2015年2月17日 22時) (レス) id: 6721436cae (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - やだ...カッ消される。wぶほぉw   そうそう、γ、幻騎士君...ドンマイです。 あとねぇ...γクン。君の秘密、バレバレだよぅ?アリアがすk(((( (2015年2月17日 21時) (レス) id: 48993935a3 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:霽月 | 作成日時:2014年11月23日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。