占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:4 hit、合計:7,636 hit

悲劇と悲願 ページ47








かな「私、



実は薔薇の、吸血鬼だったの」





『、ぇ』





かな「違う!



私がこんなことをしたんじゃないの







健永がプレゼントしてくれた


緑の箱、覚えてる?」





あれは半年前ぐらい、


ららちゃんが私を騙した時、


あの箱の中はネックレスで、





千ちゃんから


かなちゃんへのプレゼントだった












かな「私を好きでいてくれる人が



私にアクセサリーをくれたの、




あの時私は吸血鬼では無くなって



このブレスレットをやっと手放せたと思ったのに」






「ななちゃんが拾ったってこと、?」











俺が見た光景


それは、ななちゃんが太輔に


このブレスレットを付けてたこと



太輔はあの時嬉しそうだったし


そのままいい感じになるのだと思ってた









かな「っ、そう、



私はこのブレスレットを拾ってしまってから



呪い

みたいな



自分から人を好きになれなくなって、」







「じゃあ


あの事件って、」






かな「ううん


あの事件は関係ないの!


薔薇吸血鬼って言うのは



比喩みたいな感じ



可笑しいと思うだろうけど、、


このブレスレットに何か、


奇妙な呪いがかかってるっていうか


恋に厄を与えるのは


間違いない








それで自分が好きな人を苦しめてしまうの



だから自分から好きになることができないの」







『どうやって藤ヶ谷さん



ブレスレット付けられたんだろう』






かな「私が変な冗談言ったからかも、



一緒に部屋掃除してて、



あの子がこのブレスレット見つけた時私さ



恋結びのブレスレットで



もう役目果たしたから



捨ててって言ったの」





『そこで拾って、



てことか、』





「太輔は、?どうすればいいの?」






かな「とりあえず家に戻って、



そこからお清めする



私に任せて!



ガヤさん
今は取り憑かれてるも同然だから










さっきことみちゃんが取ってたら



横尾さんがいるからとはいえ



すごく怖かったの、なにが起こるのか」





「ありがとう、、!



でも、かなちゃんは、大丈夫なの、?」






かな「うんっ!


だってこれがあるから!」






そう言って千賀に貰ったネックレスを光らせる






『かなちゃん、』




かな「え?泣いてるの?!」





どうも感情が一杯になってしまったみたいだ

真実は→←謎のブレスレット



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (16 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
27人がお気に入り
設定キーワード:舞祭組 , Kis-My-Ft2 , キスマイ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

kotomi - イエロー好きさん» いつもコメントありがとうございます!お楽しみにー〜! (2018年4月8日 18時) (レス) id: f61e438e63 (このIDを非表示/違反報告)
イエロー好き - 夢の国、ラブラブデートいいね〜にかと宮っちにお手伝いと言うけど、何するのかね…楽しみです。 (2018年4月8日 0時) (レス) id: f41a7e9768 (このIDを非表示/違反報告)
kotomi - yukaさん» ありがとうございます!がんばります! (2018年4月5日 9時) (レス) id: f61e438e63 (このIDを非表示/違反報告)
yuka(プロフ) - この作品大好きです!更新頑張ってください! (2018年4月4日 21時) (レス) id: 58473c102a (このIDを非表示/違反報告)
kotomi - イエロー好きさん» これから幸せ全開にしていきます!笑 (2018年3月21日 20時) (レス) id: f61e438e63 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:kotomi | 作成日時:2018年3月11日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。