占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:1 hit、合計:4,218 hit
『みんな、ありがとう!最高の時間だったよ!』

キラキラ輝くステージ。
私の名前をを呼ぶ声がたくさん聞こえてくる。
中には泣いている人もいる。
こんなにも私のことを求めてくれる人がいる。


でも、ここで歌って踊っているのは私であって私じゃない。
そう、仮面を被った偽りの姿。


いつか、本当の自分で、本当の気持ちで、歌えたらな…なんて思ったりして。
そんなこと、叶わないのだろうけど。

______________


偽りと本当の姿の間で揺れる少女。…を書くつもりだったけど本編あんまそんな感じしないです。

しかもこんなシリアスじゃない…と、思う。多分。

自己満で書いてます。ロリが好きなんです。

愛されが書きたいだけなんです。

トラブル防止のためコメントは返しません。

誤字、脱字等の指摘コメントは返します。

通常のコメントも目は通させていただきます。

コメント欄でのチャットもやめてください。

迷惑行為、荒らしなどはお断りです。執筆状態:更新停止中

設定を行う場合はこちらをクリック







test

おもしろ度の評価
  • Currently 9.95/10

点数: 9.9/10 (19 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
55人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ロゼ | 作成日時:2019年2月1日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。