占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:9 hit、合計:18,947 hit

煽るなアホ ページ4

「父親でさえ俺たちを見分けられなかったんだ。それを2日でなんて、出来るはずないでしょ」


「え、だってあんずさん・・・」


「あの人は特別なんだよ」


「あんずさんと自分が同レベルだとでも思ってるの?」


おうおう、散々な言いようだな。


いい加減ぷっつんしそう。沸点も融点も高い私がキレるなんてそうないわよ。


「じゃあどうすればいいわけ?あのさ、言ってることめちゃくちゃなの自覚してる?」


「どうすれば?あは、何も出来ないでしょ?」


カーーーーーーーッ。腹立つわ〜〜〜〜〜。


つまり言いたいことはただ一つ、私は役立たずだってことだけでしょ?


だから私が何言ったって響かないんでしょ?


じゃあ何したって無駄じゃないか。精神がゴリゴリ削られるだけ。


「言いたいことそれだけなんだったら、私別のとこ行くけど」


私が出ていこうとすると、すかさず2人が声を上げた。


「逃げるんだ」


「ずるぅい。いっつもそう、逃げてばっかり」


絶対言うと思った〜〜。


その通り、私は逃げてばっかだけど。


6年前も、中1の時も、そしてついこの前だって、逃げなきゃ生きていられなかった。


逃げて何が悪い。逃げるのも1つの自衛だろう。


自分の身を自分で守って何が悪い?


双子に対してイラつくと同時に、私は驚いてもいた。


いつもなら、あんな風に言われたら被害妄想モードに入ってめちゃくちゃ暗くなるのに、今日はめちゃくちゃ開き直っている。


どうした私。


「そのうち役立たずなんて不名誉な称号卒業してやる」


もう一度出ていこうとドアに向かう。


今度は声は飛んでこなかった。


わざと音を立てて、ドアを閉めた。








「・・・帰しちゃってよかったの、アニキ?」


「ゆうたくんはどう思う?俺は微妙かなぁ」


「さあね。ま、ギリギリオッケーってことで」


「怒られちゃうかもね、先輩に」


「知らないよ。Aちゃんが悪いんだ」

不思議っ子→←勘弁してよ



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (91 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
825人がお気に入り
設定キーワード:あんスタ , あんさんぶるスターズ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

月野(プロフ) - アカヤさん» お返事遅れました〜!ありがとうございます!読みにくい部分もたくさんあったでしょうに、すごく嬉しいです…!更新頻度はなかなか上がりませんが頑張ります…! (6月9日 17時) (レス) id: 1ac951d6ed (このIDを非表示/違反報告)
アカヤ - とても面白いですね!咲さんと同じく一気に全部読みました!これからも頑張ってください! (6月2日 19時) (レス) id: ba5e1e3f04 (このIDを非表示/違反報告)
月野(プロフ) - 咲さん» うわ〜!なぜか通知きてなくて今気づきました!ありがとうございます・・・!凄く嬉しいです!頑張りますね(°° ) (5月9日 22時) (レス) id: 1ac951d6ed (このIDを非表示/違反報告)
- 今日で全部一気に読んでしまいました! すごく面白くてすごく続きが気になりました(*゚▽゚*) これからも頑張って下さい! (4月7日 9時) (レス) id: 8089cf3da3 (このIDを非表示/違反報告)
月野(プロフ) - KILLER Bさん» なるほど…参考になりました!ありがとうございました(∩´∀`∩) (12月6日 23時) (レス) id: 77ff8026c7 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:月野 | 作者ホームページ:なし  
作成日時:2018年3月29日 20時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。