占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:11 hit、合計:55,958 hit

シャチは探偵社を所望する5 ページ34

「乱歩、どうだった」
福沢諭吉は江戸川乱歩に尋ねる。
織田作之助の入社試験についてだ。
「彼は裏社会にいた時からもう何年も殺しはやってない。最近、裏社会から完全に足を洗ったみたいだ。どういう経緯で何があったかは知らないけど、調べても何も出てこなかったって事は特務課が絡んでるね」
「そうか」
福沢諭吉は脳内の、少年だった暗殺者を現在の織田作之助の姿に書き換える。
あれほどの腕を持ちながら、暗殺という手段を捨てるに至るまで何があったのだろうか。
彼は殺しに喜びを見出していなかった。
殺さなきゃいけないから殺す。依頼されたから殺す。ただそれだけだった。
それが彼の仕事で、生業で、そうしなければ生きていけないような事情が彼にはあったのだろう。
だが、その生きるための手段を捨てて、人殺しを止めようと決意した。そこにはどんな切欠があったのだろうか。
「思想に、偏った危険性は?」
「ないんじゃない? というか、なんか……うーん、分かんない!」
「何がだ」
「だってさー掴み所がないんだもん。ただの天然かと思えば、まるで別人みたいになる時もある。でもやっぱり他人を害そうとかそういうのは無くって、根っから他意がない奴なんだろうなー、とは思うけど、」
「けど?」
福沢は止まった乱歩の話を促す。
「……いや、僕に解けない謎はない! 絶対に暴いてやる。今はちょっと証拠が足りないだけで、どうせすぐにボロを出すさ! 見てろよ織田作之助、君が暴かれたくない所まで全部暴いてやる!」
どうやら、乱歩は何かに燃えているらしい。
織田作之助のなにが分からなかったのか。乱歩を以ってしても分からない事があるのか、と福沢は驚く。
でも、ただ一つ。
「人が暴かれたくないと思ってるところは、暴いてはならん」
「うっ、そ、れは、分かってるよ! い、言わなきゃいいんでしょ、言わなきゃ!」
乱歩はしどろもどろになりながらそう答える。
今まで乱歩に解けない謎なんて無く、織田作という謎を持つ存在が現れた事に少し浮かれており、配慮に欠けていたのは事実だった。
「社長、僕の相棒(バディ)織田作にして!」
乱歩に特定の相棒はいない。基本乱歩に振り回されるばかりで、1日相手するだけで疲れるからだ。ずっと一緒にいろなんて、色々酷な話である。
福沢は乱歩の提案に驚きながらも、それを了承した。織田作之助が解消したいと申し出た場合は却下だ、とは言ったが。

シャチは探偵社を所望する6→←シャチは探偵社を所望する4



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (141 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
187人がお気に入り
設定キーワード:文スト , 織田作之助 , 成り代わり
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

らい - 面白い........!これからも更新頑張ってください。応援しています。 (8月9日 2時) (レス) id: 3b0d55ccc1 (このIDを非表示/違反報告)
チューリップ - 織田さんの成り代わりある様でないですよねぇ〜。更新待ってまーす (4月4日 1時) (レス) id: 8fad14733d (このIDを非表示/違反報告)
ひな - とっても面白いです!更新楽しみにしています。頑張って下さい! (2018年12月3日 15時) (レス) id: 81fb36e344 (このIDを非表示/違反報告)
世桜 - 凄く面白くて、一気読みしました!!細かな心情が描かれていて、続きが気になります。更新心待ちにしています。頑張って下さい! (2017年4月10日 0時) (レス) id: f27162b486 (このIDを非表示/違反報告)
津々(プロフ) - 同じく、更新待機です! (2016年12月4日 22時) (レス) id: 5967cbb8eb (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:まあじ | 作成日時:2016年6月12日 11時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。