占いツクール
検索窓
今日:28 hit、昨日:5 hit、合計:1,238 hit

第三十一話 それぞれの賑やかな午後 ページ32

「いいえ。アミタがなんなのか私は気にしないもん。それよりまだ?冷めちゃうよ?」

「そうだね、じゃあいただきます」

小動物のように小さく齧り頬を緩ませる

「温かくて、甘くておいしいわ・・・リッド、私も揚げパンが好きよ!」

「よかった。また持ってくるね」

アミエリタがおいしそうにほお張るのを嬉しそうに眺め、自分もかぶりつく

「リッド、ついているわよ」

「ん・・・」

あっと言う間に食べ終えたアストリッドの頬についたパンのくずをそっと落とす

「ねぇリッド、なにして遊ぶ?」

「んー、じゃあ石取りしよう。私、ママとやって負けたこと一度もないよ」

「石取り・・・あぁ、あの白と黒い石を交互に置いていくもののね?いいわよ、やりましょう。セイラったら石取りゲームすごくよわかったのよ。苦手だったのかしら?」

「多分ね。いつもママが負けるからつまんなかったもん」

「じゃあ今度は私と勝負をしましょう。負けないわよ」

「私だって!」

少女たちの賑やかな午後は始まったばかりだ



さて、こちらもこちらである意味では賑やかな午後を過ごしていた

「おい、相変わらずの食事をしているな、お前」

「んー、あ、グイードのおっさん、おかえりー。今帰りー?」

「あぁ、大将はどこだ?」

「ん?あぁるるっちなら二階にいるよー。用あるの?」

「まぁな、てかそんなもん食って旨いのか?」

「魔女に味覚聞いちゃうのぉ?ま、味覚あってもなくてもかんけーない。うん。重要なのは味じゃなくて閃きだよ」

「相変わらず意味がわかんねぇな」

グイードはナーシャが食べているものを見て顔を顰める

「どちらねせよあんたは我々にとっても重要だもんな、頼りにしてんぞ・・・じゃあ俺は大将のところ行ってくるわ」

「あはっ、人間に頼りにされちゃったぁ。イグノランスの魔女もがんばらなくちゃぁ」

グイードが出て行き昼食を再開するナーシャ
取れたての新鮮な肉や臓器解体しては口に運んでは紙にペンを走らせる

「んーやっぱ若いっていいよねぇー。閃きには大切だもん。あ、脳はどーやって食べよっかなぁ。すんごいの来ちゃいそう♪早くユーグスタクトの魔女っ子さん食べたいなぁ」

捕れたばかりの若い少女の肉をほお張りながらうっとりと目を細める

「んー良いの書けそう♪」

第三十二話 ステファニーとアストリッド→←第三十話 アミタと揚げパン



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (6 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
4人がお気に入り
設定キーワード:オリジナル , 魔女 , キャラ指定あり , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ストゥアート(プロフ) - 昔少女さん» コメントありがとうございます。更新頻度は遅いですが、楽しんでいただければ幸いです。これからもよろしくお願いします。 (10月22日 14時) (レス) id: df3bdd8f8f (このIDを非表示/違反報告)
昔少女 - あなたの生み出す想像の世界を私も漂っています。 (9月17日 15時) (レス) id: f6820b1fd8 (このIDを非表示/違反報告)
ストゥアート(プロフ) - エリザさん» ありがとうございます。今週は期末試験期間なのでほとんど更新ができませんがこれからもよろしくお願いします。 (2016年7月25日 20時) (レス) id: df3bdd8f8f (このIDを非表示/違反報告)
エリザ - 更新まっています(^_^)/~ (2016年7月25日 11時) (レス) id: fa956406d7 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ストゥアート | 作成日時:2016年7月4日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。