占いツクール
検索窓
今日:5 hit、昨日:7 hit、合計:1,747 hit
こちらは本当に短いお話となっております。ですので、ホムペツクールで描かせていただきました。
暇つぶしにでも見て頂けたら、幸いです!

リア友と散歩していた時に、ネタを出し合った結果生まれた作品です!

そのリア友の垢↓
かたつむり。(?)
http://uranai.nosv.org/personal.php?t=akinana43

Attention
・この物語はフィクションです
・実際にいる団体、人物とは一切関係ありません


私のホムペ載せます、ホムペツクールだと下に載らないので。

【ホムペ】 千々をまとめてみた



私の家の近くには、公園がある。

緑も豊かで、空気も綺麗。朝の散歩には絶好の場所だ。

……そんな場所にも、必ずと言っていいほど、欠点はある。


「ほら〜たっくん、あ〜んして?」

「あいかわらず、もえちゃんの作る料理はおいしいなぁ」


…リア充が、頻繁に出没するのだ。

私は、今日何回目かというほどのため息をついた。


リア充がイチャイチャするのは千歩譲って許せる。

だけど、せめて別の場所でやってほしい。

彼氏いない歴=年齢、の私がこんなところで歩いているのが場違いじゃないか。


「…いっそのこと、爆ぜてくれないかなぁ…」


誰にも聞かれないようにつぶやいた言葉。

もちろん本気にはしていない。単なる願望を口にしたまでだ。


「きゃあっ」

「どうしたんだい、もえちゃん!」


やけに騒がしいな。

つい、好奇心が首をもたげ、横目でちらりと見てしまう。


「…なーんだ」


なんのことはない。

ただ、虫が女に近づいて、それで騒いでいるだけだった。

と思った次の瞬間。


_ボンッ_


火薬が破裂するような、耳障りの悪い音が聞こえ、反射的にそちらを向く。

すると、さっきまでイチャイチャしていたリア充が、顔を煤で真っ黒けにして、呆然としていた。


「なにあれ…。爆発した…!?」


しかし、彼らが呆然としていたのは一瞬で、次の瞬間向かい合った。

ああ、また慰め合いっこでもするのかな。


「たっくん…! ホントはあたし、我慢がならなかった。いっつもいっつも同じ言い回しの褒め方で! バカなんじゃないの!?」

「はぁ!? それを言うなら、俺だってたいしておいしくもないお前の弁当を褒めてやってたんだろ!? 感謝くらいしろよ!」

「なにそれ、そんなこと思ってたわけ!? 最低! もういい、たっくんなんかより良い男、見つけてやるんだから!」

「こっちだって、お前なんて女、願い下げだ!」


…はぁ?

なにあれ。…え、真面目に…爆ぜた?(物理的にも、リア充的にも)

そんなことを思っている間にも、彼らはお互いを睨みあって、背を向けて去っていく。


「…」


その状態を見つめている、一人の男がいるとは、私は知る由もなかった。





リア充が爆ぜてから、一晩たった次の日の朝。

いつものように公園に散歩をしに行こうとすると、ドアの前に一人の男が立っていた。

来ている服はスーツ。しかし、普通のサラリーマンのように気崩していなく、どこかのお偉いさんのような雰囲気を醸し出している。


「…昨日の朝、公園におられましたね?」

「はい?」


なんで急にそんなことを訊かれるのかがわからずに、素っ頓狂な声を出してしまう。


「はぁ…確かに、いましたけど」

「彼らが、爆発するのを見たと思いますが」


彼ら、というのはあのリア充のことだろうか。

なんでこんなおっさんがリア充のことを気にするのだろう。


「…失礼。私、こういう者です」


差し出されたのは名刺。

しかし、本名、電話番号などには一切目は向かなかった。


「リア充、撲滅委員会…?」


名刺には確かにそう書かれている。

私がそう呟くと、男は満足したようにうなずいた。


「ええ、日本政府直属の機関です。私は、その代表となっております」

「なんで…そんな機関…」


男は、全て説明してくれた。

要約すると、こうだ。


・最近はとみに離婚の問題が多い。

・そのため、本気で愛し合っている恋人のみを残し、残りは撲滅させ、離婚問題を少なくする、という試みが起きた。

・手順は簡単。リア充のもとに超小型爆弾を内蔵したハエを送り込み、爆発させる。

・その爆弾に含まれた、微量因子が人間の精神系に影響を及ぼし、相手への醜い思いを爆発させる。


「はぁ…そんな、ことが…」


途切れ途切れにそう呟くと、男の目が怪しく光った。


「ええ。ですがこれはまだ試作の段階。また、このようなことが明るみになれば、人権問題、ということで日本政府に対する批判が起きてしまいます。…どうか、このことはご内密に」


丁寧な口調を装っていても、言葉には含みが感じられる。

バラしたら、どんな目に合うか分かっているだろうな、という言外の匂わせ…要するに、脅しだ。


「では、私はこれで」


男が玄関から去ろうとする。

私は思わず、男を引き留めた。


「待ってください! …私、私も、リア充撲滅委員会、に入らせてください!」


私の、リア充に対する醜い思いが爆発した瞬間だった。





「ん…んあ?」


窓から光が差し込む。

ゆっくりと目を開けると、そこは見慣れた私の部屋だった。


「…まさか、今までの、全部夢?」


喜んでいいのか、悪いのかわからない微妙な感情が私を襲う。

まあ、いっか。

本当は、リア充だって悪い人じゃないんだ。

はっきり言うと、非リアである私たちの嫉妬。

あの夢は、そのことを私に気付かせてくれた―――…


ふと、窓の外にいる男女が目に映る。


「まったくもぉ〜たっくんったら、可愛いんだからぁ」

「もえちゃんだって、世界の全てよりも可愛いよ」


……。


「………やっぱリア充爆ぜろ」





ここまでこの作品を読んで下さり、ありがとうございます!

この作品は『リア充が爆ぜてほしいとおもったら、本当に爆ぜてしまった』という題名通りの物語です。
夢オチなので、かなり荒唐無稽な箇所もありましたが、そこはどうか割愛してください!

この作品が、少しでもたくさんの人に読んでいただけますように。


2020年4月25日、千々





ユーザーランキング210位にランクインさせていただきました。
ありがとうございます!

2020年4月26日、追記

ホムペを作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (128 票)

このホムペをお気に入り追加 登録すれば後で更新された順に見れます
5人がお気に入り
設定キーワード:リア充 , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

千々(プロフ) - おパンツドラゴンさん» ありがとうございます! (6月16日 17時) (レス) id: 4401622583 (このIDを非表示/違反報告)
おパンツドラゴン - 千々さん» めちゃんこ応援します!! (6月16日 17時) (レス) id: 981305fe40 (このIDを非表示/違反報告)
千々(プロフ) - おパンツドラゴンさん» 名前まで覚えちゃいましたね(笑) これからも応援してくださると嬉しいです! (6月16日 6時) (レス) id: 4401622583 (このIDを非表示/違反報告)
おパンツドラゴン - 名前まで覚えてくれてありがとうございますぅぅこちらこそよろしくお願いいたします! (6月15日 22時) (レス) id: 981305fe40 (このIDを非表示/違反報告)
千々(プロフ) - おパンツドラゴンさん» わああぁぁトイレ生活に続きこっちにまでコメントありがとうございます! もうお名前覚えちゃいました(笑) これからもよろしくお願いします! (6月15日 16時) (レス) id: a6aff5c4e4 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような占いを簡単に作れます → 作成

作者名:千々 | 作成日時:2020年4月25日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。