占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:1 hit、合計:75,971 hit

25 ページ25

.






先生絶対怒ってるよね...



怒られるのが怖くて帰る一歩一歩が重くなる気がした








.








よし、帰ったらちゃんとごめんなさい言おっ…

ー ドンッ

『きゃっ、!』





「おーっと、ねーちゃん大丈夫か?」







下を向いたまま黙々と歩いてたから、
前から歩いてる人達とぶつかった








『ご、ごめんなさいっ…!
大丈夫です、!じゃあ失礼しま…

「あ、待ってよ、今暇なの?」





『ひ、暇じゃないです…』





「こんな時間にうろちょろしてんのに?
ちょっとの時間俺らと楽しいことしない?」









確かにもうとっくに補導されてもおかしくない時間に
歩き回ってるのはおかしい




いかにも毎日夜遊びしてそうな人達



…やだ、怖い……





こんなの初めてでどうしたらいいかわかんない…









『この後用事があるから……』




「大丈夫、俺ら怖くないからさ」




『やっ、やですっ…』




「なに?」




『離してっ…離してくださいっ……!』








そう言ってもこの人たちは私の腕を掴んで
離そうとしない








「静かにして、とりあえず行こうよ」




『や、!離してくださいやだ…!!!』




「ねーちゃんちょっとしつこいよほら行くよ」




『やです…!!誰かっ、助けてっ!!やっ…

「あのーすいません、」








.









.









・・聞いたことのある声、









.








「そいつ返してもらっていいすか?」







.









…それは紛れもなく北山先生だった









.









「あ?なんだお前」




「俺の生徒なんすよね」




「…まさか教師?」




「はい、見た目こんなんですけどこう見えて」




「…チッ」




「離してくれます?掴んでるその腕」








そう言われた男の集団の人達は
私の腕を勢いよく離して今度は先生を囲んだ









「なんすか?まだなんか用ですか?」




「教師だからって調子乗んなよ」




「次こういうことあったら通報するんで」




「……行くぞ」









そう言って文句を言いながら帰ってった





私は全身の力が抜けて地面に座り込んじゃって。









「大丈夫か?」




『せんせい……っ、』




「とりあえず帰るぞ、ほら立て」









伸ばした先生の手に自分の手をゆっくり重ねた









『ごめっ…なさいっ…』







謝っても謝っても









「ん」








これ以上の言葉は返ってこなかった



.

26 北山side→←24



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (153 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
640人がお気に入り
設定キーワード:北山宏光 , キスマイ   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:あかやま。 | 作成日時:2019年1月25日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。