占いツクール
検索窓
今日:112 hit、昨日:21 hit、合計:15,584 hit

37話 ページ38

.




「違う雪村! 僕はキミをッ…」


「馴れ馴れしく呼ぶな!」


「ッ…」


吹雪は伸ばしていた手を、雪村の一言で手を引っ込めた。


Aはすっかり変わってしまった雪村に、驚きで声を出せない。唯二人の言葉を聞くだけでいる。


「今のアンタは、倒すべき"敵"だ」


「その通りだ雪村。…フィフスセクターは決してキミを裏切ったりしない」


白咲は雪村の肩に手を置いて、まるで洗脳するように耳元で語り掛けた。


「豹牙に触るなッ…!!」


白咲が雪村の肩に手を置くというその行為に、Aの眉はぴくりと反応し、苛立ちが込み上げていくと我慢できずに叫んだ。


その声はいつもの優しい声色ではなく、トーンは下がり低い声で少し黒さが混じっている。


「おおっと、怖い怖い。余程キミは雪村を大切にしているようだ」


「…触るなって言ってるのが解らないの?」


「Aちゃんっ…」


Aは白咲に歩み寄ると、雪村の肩に触れる手を掴んでキッと睨み付けた。


だが白咲は顔色ひとつ変えず、唯ククッと何処か面白そうに笑っていた。


その笑いが癪に触れた瞬間、雪村が白咲とAの手を軽く払ってAの腕を掴んだ。


Aは突然の事に少し驚く。


「ひょう…」


「姉さん……俺達の所に戻って来なよ」


「…!」


Aは雪村の言葉を聞いて目を見開く。その時に雪村は目を細めてAを見詰めると、まるで縄で縛り付けられたように身動きが取れなくなる。


「姉さんは雷門に居るべきじゃない、俺たち白恋に居るべきだ。あんな奴らの所なんかに置いていけない」


「豹牙…何言って…っ」


「雪村の言う通りだ、元々Aさんは俺たち白恋側の人間。戻って来ても何の問題もない、可笑しくなんてないんだから」


白咲がAの肩に置いてニヤッと笑った。その笑みを見て何かに吸いこまれかけた時、吹雪がAの腕を引いて抱き寄せると白咲を睨んだ。


雪村はチッ…と舌打ちをして、吹雪を睨む。


「おやおや、失敗か……まあいい。我々白恋が勝った場合、必ず戻ってきてもらいますから。では、後日フィールドで」


白咲はAたちに笑を向けた後、雪村と共に暗闇の中へと消えていった。




.

38話→←36話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (43 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
49人がお気に入り
設定キーワード:イナズマイレブン , イナGO , 雪村豹牙   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:りはる | 作成日時:2020年4月1日 2時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。