占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:7 hit、合計:15,596 hit

23話 ページ24

.




「何っ…あの女いつの間に!?」


兵頭は目の前に居るはずのないAに驚きを隠せないでいた。


するとAはシュート体制に入る。


そう、天馬からAへの"シュートチェイン"だ。


「はああぁっ…! "星光 ステラ"!!」


Aの背中に紫色のオーラが現れ、形となって姿が顕になる。


Aの化身 "星光 ステラ"だ。


名の通り、星をイメージした女性の化身。


「「「化身!?」」」


「A…化身使いだったんだ!」


雷門の皆はAの化身に驚き、天馬は嬉しそうに興奮しているのか声を弾ませた。


「絶対に決める…!!

"ステラブラスター"ッ!!」


Aの脚が金と黒のオーラに包まれる。


そのまま勢いよくボールを蹴るとオーラがボールを飲み込み、化身威力と天馬のマッハウィンドの威力を纏ってゴールへと向かっていく。


兵頭は予想外の展開に反応が遅れ、ボールはゴールに突き刺さった。


雷門、同点に追いつく。


「やったよA──!!」


「天馬、ナイスだったよ!」


「へへっ、Aこそ!」


天馬は嬉しそうにAに駆け寄るとAは微笑んで天馬を褒める。


天馬も照れくさそうにしながらもAを褒めて、お互いパチンッとハイタッチを交わした。


「(──まぁ…ゴールネット破らなくて良かった)」


Aは以前、雷門中のグラウンドにあったゴールネットを突き破ったのを思い出して内心苦笑いを浮かべた。



「天馬くんもAさんも凄い…!!」


「Aちゃんの化身素敵、必殺技もかっこよかった…♪」


春奈は二人の活躍に興奮し、茜はカメラを手にしながらAにうっとりしていた。



「同点とはな…監督の言った通りの実力だ、白星A…。」


南沢は天馬と喜ぶAを見て歯を噛み締めると、兵頭が決められたボールを手にしながら近づいた


「うむ、これは倒し甲斐がある。」


すると近藤は兵頭たちに腕で合図を出す。


「…監督の承認は降りた。」


兵頭は小さく呟いて、Aたちを見つめた。



「狩屋!」


ポジションに戻る狩屋を天馬は呼び止めると、狩屋は天馬に振り向いた。


「Aとのさっきのプレー凄かったね!」


「そっちこそ、竜巻の使い方上手くなってるぜ? 前半は霧野先輩がディフェンスのバランスを崩してた。監督が下げて正解だったな…。」




.

24話→←22話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (43 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
49人がお気に入り
設定キーワード:イナズマイレブン , イナGO , 雪村豹牙   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:りはる | 作成日時:2020年4月1日 2時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。