占いツクール
検索窓
今日:4 hit、昨日:94 hit、合計:103,140 hit

21日目 放課後 ページ24

『角名、日直』

黒板の端には柘榴、角名の名前が日直欄に書かれている。

「ん、分かった。治、先行っといて」

「おん」

角名は治君にそう声をかけてから近付いてくる。

「じゃあ日誌書くついでに、話を聞かせてもらおうかと思うんだけど。どう?」

『げぇ、まだ覚えてたのそれ』

そう、かの体育祭の時に北さんの白学ランの写真と引き換えに角名には近況を話さなければなかったのだ。

「柘榴も覚えてんじゃん」

見事墓穴を掘ってしまった。

『まあ、いいんだけど…』

日誌をぱっぱ書いて話ごと終わらせてしまおう

「じゃあ1つ目。2人は付き合ったの?」

『ううん、付き合ってないよ』

付き合うとか、想像できない。

「ふーん。2つ目、柘榴は北さんの何処が好きなの?」

少し、考える。

『笑顔、とか。あと、あの性格も丁寧なバレーのプレイスタイルも好き。』

そう言うと角名の目が僅かに開いた。

「へえ…」

『北さん、部活の時レシーブもアタックも、全部丁寧にやってて。誰も見てない、手を抜いても平気な所もちゃんとやってたの見てたんだ。』

1回しか部活見学してないけど、確証を持って言える。

「ちゃんとやる、ってのは北さんにとっての当たり前なんだって。」

『…そうなんだ。』

「それじゃあ、これが最後の3つ目。北さんの誕生日は7月5日、つまりもうすぐ。」

『え、そうだったの?』

そんな素振り一切ないんだけどあの人、ほんとに高校生なのか?

「だから、北さんにプレゼントを渡すチャンスという事。」

『あ、誕生日プレゼント…』

「そう。7月5日だったら休日だしその日は部活もオフ」

ゴクリ、と固唾を飲む。

「デートのチャンスだよ」

『お、おぉ…!』

「今ならなんと、チューペットで北さんの説得予定空けを申し込み可能。」

角名め、中々のやり手。でも

『きっかけなら、自分で作るよ』

「…やるじゃん」

『まあね』

自分から行かなきゃ、始まらないし。


「まあでも、俺は気ままに見守ってるよ」


それには一体どんな意図が含まれているのだろうか。

22日目 昼→←20日目 昼 続々



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (125 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
354人がお気に入り
設定キーワード:ハイキュー , 稲荷崎 , 北信介
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ゆり(プロフ) - 結衣さん» お名前被ってましたか…!?読みづらかったらごめんなさい…!ミスタードーナツ隙なしは完全に誤字です!!指摘ありがとうございます! (5月18日 22時) (レス) id: 43b608d7b2 (このIDを非表示/違反報告)
ゆり(プロフ) - ワダさん» 名前一緒でしたか…!?凄い偶然ですね笑もし小説読みづらかったらごめんなさい…! (5月18日 22時) (レス) id: 43b608d7b2 (このIDを非表示/違反報告)
結衣 - はじめまして、友人の名前が自分の名前と被っててドキッとしました笑 ページ31にミスタードーナツ隙なしは誤字ですか? (5月18日 19時) (レス) id: 54bda65750 (このIDを非表示/違反報告)
ワダ(プロフ) - 途中に出てくる咲希ちゃん、名前一緒でびっくりしました笑笑 (5月8日 21時) (レス) id: 24a14ce40a (このIDを非表示/違反報告)
ゆり(プロフ) - ひなたさん» コメントありがとうございます!私自身は東京在住なのでハーバーランド実際に行ってる方に見てもらえて嬉しいです!北さんスパダリです!! (4月9日 15時) (レス) id: 43b608d7b2 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ゆり
作成日時:2020年3月31日 15時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。