検索窓
今日:1 hit、昨日:0 hit、合計:174 hit
初めまして。
日本工学院八王子専門学校 ITカレッジAIシステム科の者です。
ポスターから来てくださった人も、偶然来てくださった方もありがとうございます。

さて、ポスターから来た人はご存じかと思いますが、この小説は小説特化AI「AI BunCho」を用いて書いたAIリレー小説です。要するに、私とAIで交代しながら書いたということです。
Meが私が書いた文章、AIがAIが書いた文章になります。多々あらすじ通りに進まないこともありましたが、そこは手直しして進めました。

個人的な意見ですが、「細かい描写を書かせる」より「物語を展開させる」ことの方が得意なように見えます。

多少制限はありますが、基本無料なのでどなたでも使えるWebサービスです。
芸術にAIを使うことに嫌悪感を示す人は多いかと思いますが、一度使ってみてください。
リンク→ https://bun-cho.work/

また、文章の最後に「続く」とありますが、課題提出のために作った程度なので続きません。執筆状態:完結







おもしろ度の評価
  • Currently 0.00/10

点数: 0.0/10 (0 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
設定タグ:ファンタジー , 異世界   
作品ジャンル:ファンタジー, オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作成日時:2022年10月7日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。