占いツクール
検索窓
今日:5 hit、昨日:47 hit、合計:44,708 hit

何故 ページ16

久しぶりに帰ってたら、弟たちに嫌われてた。

しかもニート。びっくりだよね。彼女もそう言ってたし。

さらにまた自傷しちゃったしね。

あーあ…。

六つ子のとこ行こう。

ガラッ。

お「…何しにきたんだよ」

早速睨むんですね!お姉ちゃん傷つくわァ〜。

あ「…。あ、チョロ松。さっきは手当、ありがとね」

チョロ松は私を一瞥してから言った。

チ「別に…目の前で死なれたくなかっただけ」
あ「もつ〜!素直じゃないなぁ」

とか言いながらチョロ松の頭を撫でようとすると、触んなブスって言われた( ´•ω•` )

あ「ってかね、ニートって何!?お母さん大変なんだからさぁ、頑張ろうよ君たちも」

あ、私はちゃんと生活費お母さんに送ってるよ!

お「なんだよそれ。母さんに迷惑かけてるお前に言われたくねーわ!鏡見ろブース!!」

私は気づくと、おそ松の頬を叩いていた。

パァンと、乾いた音が部屋に響く。

お「っ…」
あ「あんたねえ!お母さんがどんだけ努力してると思ってんの!?私が出ていって、あんたち六つ子を育てたのは母さんなのよ!恩知らず!あと、口の利き方には気をつけなさい」

おそ松がなにか言おうとしたのを私が遮る。

あ「弟が誘拐されてんのに気づかないで?弟の握手会邪魔して?弟のこともわかんないで?弟を理解出来なくて?弟のバイト邪魔して?

…何が長男よ。ただのクズじゃん!」

おそ松が私を殴ろうとする。それを私は受け止める。

あんたたちは、六つ子全員でかかっきても私は倒せないんだからね?

お「そうだよ!俺はクズだよ!だがな!お前の方がクズって知ってたか!?母さんに迷惑かけて、俺たちのこと愛してるって言っといて、迷惑だって…!お前なんか、死ねばいいんだよ!」

私はこのままだと危険だと察し、家を出た。

チ「おそ松兄さん…」

おそ松は小さく舌打ちし、

お「パチンコ行ってくる」

と言って出ていった。

長男→←生活



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.7/10 (67 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
59人がお気に入り
設定キーワード:おそ松さん , 唯那
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

唯那(プロフ) - 333さん» どうもご指摘ありがとう^^*不愉快かぁ…。じゃあリクエストで作ってる続きが終わったら消すって約束するよ。さすがに読者様のリクエストを途中で放棄するわけにはいかないからね (3月20日 17時) (レス) id: 4c427150e2 (このIDを非表示/違反報告)
333 - 原作のキャラを悪くする物多いよね〜作品履歴見たけどさ、やめてくれない?不愉快極まりないんですけど(笑) (3月20日 9時) (レス) id: d387413441 (このIDを非表示/違反報告)
唯那(プロフ) - 神城靈夢さん» めっちゃ照れちゃいますヽ(*´∀`)ノ (3月4日 21時) (レス) id: 4c427150e2 (このIDを非表示/違反報告)
神城靈夢(プロフ) - 唯那さん» リクエストまだ途中だけど書いてくれた〜神だぁぁぁぁ←神だぁぁぁぁ以外言えん神以外の何でもない! (3月4日 19時) (レス) id: b49d880b95 (このIDを非表示/違反報告)
唯那(プロフ) - 神城靈夢さん» (´∀`*)ウフフ (3月4日 19時) (レス) id: 4c427150e2 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:唯那 | 作成日時:2017年1月14日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。