占いツクール
検索窓
今日:147 hit、昨日:166 hit、合計:77,768 hit

60. ページ11

NOside



2人が振り向く


恵「俺中学ココ、、、」

悠仁\野薔薇「「えぇ?!」」

野薔薇「じゃ、じゃあ、、Aは?!」


『え?あ?ん????』

悠仁「ダメだ心当たり無さすぎて脳がショートしてる、、、、

ってか伏黒何したらこんなんなるんだよ?!

いやあいつらに聞いた方が早いな」


野薔薇「おいバカAバカB 伏黒に何された?」

バカA「俺ら、、っていうかこの周りの不良、半グレその他もろもろ


伏黒さんにボコられてますから。」


またまた振り返る

恵「ボコッ、、、た」


悠仁「なにしてんの?お前何してんの?!」


野薔薇「てかなんでAのこと知ってんのよ?!」



バカB「神呪さんも同じくここら辺の人はだいたいボコられてますよ

そういえば髪の毛伸びたんですね」



『ふぁ?!』
心当たりが無さすぎて驚くA


?「こらっ!君たち!他校の生徒が入っちゃいかん!」


野薔薇「あんたこそ何よ!!」


悠仁「いや校務員さんだろ、、なんで強気なの?」


新田「入校許可貰ってるっす」

怒られたのでスっと許可書を出す


武田「ああ君たちか皆若いな




伏黒くんか、、、それに、、、、!!神呪くん?!」

伏黒「ども」


『ええっと、、?』


新田「この人はこの学校長いんすか?」


恵「多分、、、武田さんは正規の方なんで」

新田「じゃああと任せたっす!」


この場にいた高専生は思った。

\\職務放棄////


武田「神呪くん、、君のご家族のことは大変だっただろう、、、それにしても君がいいているなんて、、、!」


野薔薇「え?」

武田「神呪___くん。今でも君のことを覚えているよ

なんてったって、君はこの学校で1番の不良だったからね」

悠仁「Aが不良?!てか___って誰?!」


『あのすいません、、、それ多分兄です』



武田「?!、、そうか、、すまない」



.

61.→←59.



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (146 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
799人がお気に入り
設定キーワード:呪術廻戦 , 男主 , 愛され
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ミカンちゃん (元星野ミカン) | 作者ホームページ:http  
作成日時:2020年12月1日 20時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。