占いツクール
検索窓
今日:3 hit、昨日:110 hit、合計:72,081 hit

131話 ページ47

「その子達に……加護をかけてはいただけないでしょうか」

「ふむ……もう一人には会えなくなるのだぞ?」

「構いません……。私は、私の子が元気に生きていてくれれば、それで幸せなのです」



涙ながらに語る王妃の言葉に王も賛成した。



「では、加護をかける」



その言葉と同時に、光はより一層強くなった。しばらくすると光はだんだんと落ち着いてきて、王と王妃は目を開けられるようになる。目を開き、我が子がいた場所に目を向けると、二人いたはずの我が子は一人になっていた。



「加護をかけた、心臓の動きは戻っているはずだ。もう一人の子の方は安心するといい。私が責任持って育て親を探す」



王と王妃が一人になった我が子に駆け寄ると、すやすやと気持ち良さそうに寝息をたてていた。



「あぁ、良かった……!本当に……!!」

「あ、あなたの名前は……」

「……私は女神アナト。お前らに釘を刺すようで悪いが、決して女神と死神は交わってはいけない。もし交わる時が来たら……」





____その子達の命は、再び奪われるものと思え。





そう言い残して、女神は去っていった。

辺りは静まり返っている。取り残された王と王妃は、一人になった我が子を抱きかかえ涙を流した。




そして、もう一人の我が子の幸せを願い、残された我が子をアリスと名付け、二人分愛情を注いであげよう。過保護でも構わない、大切に育てよう。そう決めたのであった。



その後王と王妃は、もう一人の我が子の墓を作り、流行り病で亡くなったことにして国民達に報告した。



女神は王達から預かった死神の加護を受けた赤子を、城下町から遠い田舎の村の近くに捨て子として、誰かに拾ってもらえるように手を施した。



運良くその子は優しい夫婦に拾われ、Aと名付けられ、大切に育てられたのだ。






《過去編》Fin

132話 そらるside→←130話


ラッキー歌い手

うらたぬき


目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (104 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
300人がお気に入り
設定キーワード:歌い手 , 浦島坂田船 , AtR
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

神谷朱里(プロフ) - 嶺音さん» ただいまでーす!続きはお楽しみに(*´∀`) (6月1日 6時) (レス) id: 53f80ab33e (このIDを非表示/違反報告)
神谷朱里(プロフ) - 絢乃さん» わーありがとうございます!ただいまです! (6月1日 6時) (レス) id: 53f80ab33e (このIDを非表示/違反報告)
嶺音 - おおーーΣ(゜Д゜)いっぱい更新されてる!お帰りなさい。お疲れ様で〜す。続きが凄い気になる!頑張って下さい!! (5月31日 23時) (レス) id: feeb429954 (このIDを非表示/違反報告)
絢乃(プロフ) - お帰りなさいです!テストお疲れ様です! (5月31日 23時) (レス) id: 2caae02809 (このIDを非表示/違反報告)
神谷朱里(プロフ) - 嶺音さん» ありがとうございます!頑張りますよぉぉお!!!(*゚∀゚) (5月14日 6時) (レス) id: 53f80ab33e (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:朱里 | 作成日時:2019年4月21日 20時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。