占いツクール
検索窓
今日:109 hit、昨日:400 hit、合計:339,486 hit

31 お酒の力 ページ31

.





「まじふざけんな」





 





Aが笑ってくれた、と調子に乗って飲みまくったテヒョンはすぐに潰れた。


っていっても、飲んだのビール3杯だからね。


どうやらお酒、弱かったらしい。





 





「ちょっとテヒョン」


TH「ははっ、楽しいね、A〜」





 





きっと彼は、お酒の力を借りたのだろう。


大人になるとそういう事ってよくある。


彼にとって今日はそういう日だったってこと。


私がそうさせてしまったんだと思うけど。


テヒョンの財布から会計してタクシーを拾うと、テヒョンは運転手に自分の家の住所を伝えた。


そのままタクシーに置いて行こうと思ったけど、テヒョンが手を離してくれなくて。


正直タクシー降りたら家に入る前に道で寝ちゃうんじゃないだろうかと心配なのもあって、仕方なく私はテヒョンと一緒にタクシーに乗り込んだ。





 





TH「A、」


「なに?」





 





私の肩に寄りかかっているテヒョンには目を向けず、外を見ながら返事をすると、テヒョンも視線を私には向けてないだろう、外を向いたまま口を開く。





 





TH「今だから言うね」


「うん」


TH「初めて会った時から、Aは美人だって思ってたよ」


「…なに、急に」


TH「ジミン、とられるかもなーとも思った」


「…とられなかったじゃん」


TH「ううん。とられてたよ」





 





テヒョンの頭が肩から離れて、視線がこっちを向いている気がした。





 





TH「A、」





 





ガラス越しに、視線が交わる。





 





TH「Aは、ジミナが好きになった、最初で最後の女の子だったもん」





.

32 天使で溢れた部屋→←30 最後に彼に会った日*



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (352 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
659人がお気に入り
設定キーワード:BTS , テヒョン , 防弾少年団
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

緋夏(プロフ) - きむみんじさん» ありがとうございます(´;ω;`)そんな嬉しいコメントを頂けるなんて…!とても幸せです(´∀`*)みんな大好きなので、その思いを感じていただけて良かったです!ありがとうございました! (9月19日 11時) (レス) id: 1a4eb51f6c (このIDを非表示/違反報告)
きむみんじ(プロフ) - 遅ればせながら……重い題材を扱いきれてるところ。。。文章力がすごすぎます! 誰の思いもないがしろにしないところ、登場人物への愛着を感じました。素敵なお話ありがとうございました! (9月19日 7時) (レス) id: 0cae345439 (このIDを非表示/違反報告)
緋夏(プロフ) - みいさん» こちらこそ読んでいただけて幸せです(´∀`*)号泣してくださるなんて…!!ありがとうございました! (9月13日 8時) (レス) id: 1a4eb51f6c (このIDを非表示/違反報告)
緋夏(プロフ) - 轉さん» わあ、私のお話で感動していただけて私が感動です!!ありがとうございます(´;Д;`) (9月13日 8時) (レス) id: 1a4eb51f6c (このIDを非表示/違反報告)
みい - 号泣です。こんなに素晴らしい作品を、読ませていただけて、幸せです。 (9月10日 16時) (レス) id: 7b5dea59e2 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:緋夏 | 作成日時:2018年3月28日 13時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。