占いツクール
検索窓
今日:124 hit、昨日:365 hit、合計:449,239 hit

79 JK ページ29

.





HS「ジョングクくん、Aの手離しちゃったんだね」





 





ホソクさんはひとしきり笑った後、悲しそうにそう言った。





 





HS「Aときみって、本当に似てる。そういう、ひとりで考え込んで、ひとりで答えを出すところ」


JK「……っ」


HS「A、きみの話する時ほんとうに幸せそうだった。ていうか、きみの話しかしなかったよ」


JM「ジョングギ…おまえ、さっき何言おうとしたの?」


JK「え…?」


JM「ホソクさんが来る前、何か言おうとしたじゃん」





 





Aが大切だと言ったのは嘘じゃない。


だれよりもAの幸せを願ってるし、それが出来るのはジンだと思ったから。





 





JK「テヒョンに…あ、Aの執事に、言われたんです。俺がAを幸せにできるとは思えないって」


JM「……」


JK「金も権力もないし、あいつのいる世界に、俺は入れない。何も持ってない俺じゃ、Aを守れないから。Aを幸せにできるのは、ジンだって思ったから、俺はAを諦めようと思ったんです」


JM「……」


HS「ジョングクくん。世界ってさ、広いようで狭いんだよ」


JK「え?」





 





ホソクさんは頬杖を付き直して、俺にそう言った。


その言葉の意味が、俺には上手く理解できない。





 





HS「こんな話聞いたことない?世界中の約70億人全員に会うためには200年近く必要だって話。しかも会えるのってたった1秒だよ」


JK「……」


HS「そんな中、Aと出会えて恋をしたって、奇跡だと思わない?」





 





そんな人の手を、そんな簡単に離しちゃいけない、とホソクさんは俺から視線を逸らさず、そう言った。





 





HS「Aの幸せを願うのとAの幸せを決めるのは違う。きみが幸せにしてあげればいいんじゃないの?」


JM「ジョングク、俺もそう思うよ。俺はAちゃんじゃなくて、おまえの幸せを願ってる。おまえが身を引いて幸せだっていあなら何も言わない。でも、それで苦しむなら、それは違うと思うんだ」





 





なあ、A。


ジンと結婚することが、お前の幸せなんだよな?


俺は、間違えてないよな?





.

80→←78 JK



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (595 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
980人がお気に入り
設定キーワード:ジョングク , BTS , 防弾少年団
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

この作品にコメントを書くにはログインが必要です   ログイン

クゥナ(プロフ) - 何度も何度も泣かせていただきました!本当に、いい感じにメンバーが出てきていて、しかも一人一人が役に合っているって!、本当にすごいです。これからも読ませていただきます!お疲れ様でした!! (12月4日 4時) (レス) id: bc5c59a1f4 (このIDを非表示/違反報告)
?(プロフ) - 番外編でその後のストーリー作って欲しいです!!!! (10月23日 18時) (レス) id: f4ee543ac5 (このIDを非表示/違反報告)
佑香(プロフ) - 読ませていただきました!もう本当に凄くいい話で、後半なんて涙腺崩壊でした…!!緋夏さんの作品最高です!他の作品も読んできますね!! (9月30日 18時) (レス) id: 5f57701d9f (このIDを非表示/違反報告)
寧桜(プロフ) - 毎度毎度素晴らしいお話ありがとうございます!ほんと、設定が秀逸すぎて胸がずっと苦しかったです…。緋夏さんの言う通り、グクはなにさせてもかっこいいですね!めちゃめちゃ感動しました、ありがとうございます。 (8月30日 11時) (レス) id: 2f0ba1640e (このIDを非表示/違反報告)
あいまろん(プロフ) - 最高の作品でした!!後半ほんとに涙が止まりませんでしたよ!w(;ω;) (8月7日 23時) (レス) id: a95fcbc155 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:緋夏 | 作成日時:2018年3月16日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。