占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:1 hit、合計:3,305 hit

ページ5

「神っ楽ちゃーん!」





きょうもやることが無くて暇なA
は神楽ちゃんに会いに万事屋に遊びに行っているのだ。





沖田さんに会いに屯所にいこうと思ったんだけどザキさんが沖田さんは今いないよって言ってたからなぁ。

後で探しにいこう。


そういえばなんか汗ダラダラだったけどどしたんだろ。







「お前最近よくここ来るようになったナ、お医者さんクビになったアルか」




「んーん違うよ、ちょっと職場が変わったって言うか」






やっぱり可愛いは正義だ。
もー、神楽ちゃんは何してても可愛い




しかも私が「神っ楽ちゃーん!」の所からずっと抱きついてるのにひっぺがさないでくれてる。



ツンデレって奴だな。






「おい、聞いてんのかヨ」

「あ、ごめん聞いてなかった」




神楽ちゃんの余りの可愛さに見とれてて話を聞いてなかった...




あぁぁあ!あの可愛い声をききのがすなんて私としたことがァァ!







「ただいまー」

「おかえりヨー銀ちゃん」



あ!銀さんが帰ってきた!






「お邪魔してます!」


「ああ、また相談?」



実は私は万事屋で恋愛相談をしているのだ



恋愛相談と言うか話聞いてもらってるだけだけど。





私は神楽ちゃんから離れると、万事屋のソファに銀さんと向かい合って座った。

さん→←いち



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.3/10 (10 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
19人がお気に入り
設定キーワード:銀魂 , 沖田総悟
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:蜜柑 | 作成日時:2018年3月25日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。