占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:57 hit、合計:7,996 hit

. ページ6

彼に連れられ、車の中に入ると




そこには、6人の男の人がいた。




そう。キスマイの6人だ





でもその中に玉ちゃんはいない、



まさかと思い、今まで話してた男の人の方を見ると




そこには、帽子とマスクを外してニコニコ笑ってる玉ちゃんが!


そこでやっと全てを理解した私は一気に顔が熱くなった



「え、え、?」



戸惑ってる私にまず声をかけてくれたのはみっくん


北「いきなりごめんね、今日は来てくれてありがとう」


「あ、いえ、楽しかったです」


すると、横にいたガヤさんに


藤「話聞いてもらうから、送っていくよ、どこ?」


と聞かれ、私は戸惑いながらも


「○○ホテルです」



と答えた。。




すると、まさかの



ニカ千「「え!?」」


横「ホテル同じなんだけど笑」



え?え?今なんて?



ホテル一緒?



偶然が続きすぎてびっくりしてる私に



宮っちが優しく声をかけてくれた


「いきなりでビックリしてるだろうから、とりあえず玉、本題を話したら?」




本題...?




私は疑問に思いながら玉ちゃんの方を見た





すると、なぜか恥ずかしがってる玉ちゃん



そんな玉ちゃんを見て、私も恥ずかしくなっちゃった





下向いて、なにか迷ってるような玉ちゃん




私は勇気を振り絞って


「どうしたんですか?」と聞いた

.→←.


ラッキーメンバー

玉ちゃん


目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 8.9/10 (20 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
71人がお気に入り
設定キーワード:Kis-My-Ft2 , 玉森裕太
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:きぃゆぅたぁ | 作成日時:2019年12月18日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。