占いツクール
検索窓
今日:116 hit、昨日:223 hit、合計:68,050 hit

昔話を始めよう ページ9

.




──!!


─────!!


───────!!




あー、誰か、呼んでる?

なんか呼ばれてる気がするんだけど……
もうちょい寝かしてくれ
あと三時間




──────!!!!!




あ、なんかめっちゃ怒られた気がする今

はいはいもう起きますから怒んないでよめんどくせぇ




そしてふと戻ってくる意識
その意識のままにパチリと目を開けるとそこはだだっ広い真っ暗な空間
真っ暗な空間なくせして、なぜか自分の体とかがはっきり見える




「A!!!」

「姉ちゃん!!」

「あん?」




家族の声がしてそっちを振り向けば、結界のようなものに閉じ込められているお父さんやリクオ、おじいちゃん
…………となんか山ほどいる本家の屋敷にいる妖怪たちとそこに巻き込まれてる花開院4人(秀元もいる)
あれ、牛鬼引退してから本家遊びに来るの多くない?
暇なの?




「起きたか、鯉伴の娘」

「え?……………………は?」




私は、我が目を疑った
なぜならそこに居たのは昨年あの京都でこの額にいらん術ぶっかましてくれた鵺こと安倍晴明がいたからだ
なりは前のように素っ裸じゃなくて陰陽師服みたいなの着てる
その後ろには鬼童丸やら茨木童子たち





エッこれ私一人で戦えと?
なんつー無理ゲーェェェェェ!!!!

とりあえず瞬時に間合いをとった
が、意味はなかったらしい
いつぞやのようにまた動きを封じる術を使われ私は体が動かなくなる




「ぬがー!動かない!
クソッタレなんで!あーもう腹立つ!!」




なぜかは分からないが、ここが現実世界でないことは何となくわかった
多分精神だけ連れてこられたとか、そういうパターン
前世でも何度かあった
洞爺湖仙人とか洞爺湖仙人とか洞爺湖仙人とか




「そう喚くな娘」

「お前がやっかましいわ!!」

「ふむ、威勢がいい……さて娘。
私が貴様らを精神のみこの異空間に連れてきた理由はわかるか」

「……やっぱ精神だけ引きずり込まれてるやつか」

「ほう、気づいていたか。感心だな」




……エッ……すんごい腹立つ……




「貴様にあの日言ったこと。
それを果たしてもらおうと思ってな」

「は……?」

「言っただろう。貴様の魂は面白い。
だから魂の"記憶"を見せてもらうとな」

「!!」




私は目を見開いた




.

+++++→←+++++



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (141 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
438人がお気に入り
設定キーワード:ぬらりひょんの孫 , 奴良組 , 家族愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

(プロフ) - Milkさん» コメントありがとうございます!好きと言っていただけて凄く嬉しいです!これからも愛読よろしくお願いします!! (5月8日 12時) (レス) id: 9e3e8858ee (このIDを非表示/違反報告)
Milk - 初コメ失礼します!!本当に本当にこの小説すごく好きです…!! (5月4日 15時) (レス) id: b976b329cf (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - 白狼龍さん» ありがとうございます!更新頑張りますね! (5月1日 16時) (レス) id: 9e3e8858ee (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - ☆ねこ☆ねこ☆さん» コメありがとうございます!これからもハラハラドキドキしちゃってください! (5月1日 16時) (レス) id: 9e3e8858ee (このIDを非表示/違反報告)
白狼龍 - 面白かったです! とても続きが気になります(*´∇`*) (4月26日 22時) (レス) id: b10076b070 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作成日時:2020年3月13日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。