占いツクール
検索窓
今日:10 hit、昨日:106 hit、合計:68,940 hit

※11 ページ11

互いに一糸纏わぬ姿になって温もりを感じながら、手のひらをゆっくりと下に向かってなぞっていく。

頭を撫でると嬉しそうに目を細め、耳朶の後を擽るように触れると首を竦めてんふふと笑う。
頬に触れ唇を親指でなぞれば物欲しげな目を向けてきて、首筋にキスを落とすと髪にそっと指が差し込まれる感触がした。



「っ、んっ…」



そして小さく尖っている胸の突起をやんわりと撫でると、遠慮がちな吐息が頭上から聞こえてきた。



「ふ…」
「気持ちいい?」
「ん…っ…分かんね…、くすぐったい…かも…?」



男の人は女性と違って胸では快感を拾いにくい人も多い…、ここ数日勉強した中でそんなようなことが書いてあったのを思い出す。
けれどそう言う北山の呼吸が少しずつ上擦っていることに気づいているから、そっかと言って愛撫を続ける。



「ん…っ…はぁ…」



右胸を指で可愛がりながら左胸に唇を寄せ先端を舌で突くと、北山の呼吸が一瞬詰まった。
ぎゅっと頭を抱えられ、それが自らの胸に押しつけているようにも思えて口角が自然と上がる。
ちゃんと気持ちいいと思ってくれていることが素直に嬉しくて、もっと乱れた姿が見たい…これからどうなっていくのだろうと期待が高まる。



「ん…ふじがや…」



舌全体で小さな突起を包み込むように含み、ちゅうっと吸い上げる。

びくっと震え上がる愛しい身体を宥めるように摩りながら甘噛みをしてみると、だんだんと北山の息が上がっていく。
もっともっとというように頭を抱えている手に力が加わり、それに応えるようにいい角度を見つけていく。



「ふ…っ…」
「擽ったいだけじゃないでしょ?」
「んっ…」



はぁ…っと熱い吐息が何よりの返事と解釈して、右胸を可愛がっていた手をさらに下へと落としていく。

中心に触れるとそこはすでに半勃ちしていて、手のひらで優しく包み込み上下に動かしていくと徐々に甘い声が拡がっていく。



「あ…ぁっ…ふじっ…藤ヶ谷…っ」
「うん」
「んぁ、あ…っ…、ね…きて…?」
「ん?」



顔を上げると涙を溜めた北山が俺に手を伸ばしていて、北山の顔のすぐ側まで辿り着くと余裕を無くした北山がキスを強請ってきた。

※12→←10



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (316 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
682人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

絢音(プロフ) - たいちゃんらぶさん» 本編のみったんはやや不安要素を残して終えましたが、アフターストーリーの番外編ではそんな杞憂も消えたいぴにすっかり心預けているみったんを描けていればなぁと思う次第であります(*゚▽゚*) (3月18日 20時) (レス) id: f3e37fdd05 (このIDを非表示/違反報告)
絢音(プロフ) - たいちゃんらぶさん» たいちゃんらぶさん♪たいぴの勘違いからコメディ風に進み、そして甘々シーンを経てより一層幸せな二人にできて私も嬉しく思います( ̄∀ ̄)♪Yの証人も楽しんでもらえてよかった〜♪ (3月18日 20時) (レス) id: f3e37fdd05 (このIDを非表示/違反報告)
絢音(プロフ) - ユキスケさん» ユキスケさん、お久しぶりです(^^)♪私まで優しくなれそう、そのお言葉に本作を創って良かったなと心から思えました…!Yの証人もありがとうございます(笑)第三者目線はなかなか新鮮で楽しく書けました♪ほっこり甘々な二人にできて良かったです(*゚▽゚*) (3月18日 20時) (レス) id: f3e37fdd05 (このIDを非表示/違反報告)
絢音(プロフ) - ピンクピーチさん» ピンクピーチさん、いつもありがとうございます♪今回は完全片想いから始まるという珍しい入りでしたが、甘々な着地にもっていけてホッとしております( ̄∀ ̄)横尾さんエピも楽しみながら追加しましたが、楽しんでもらえて良かったです(^^) (3月18日 20時) (レス) id: f3e37fdd05 (このIDを非表示/違反報告)
絢音(プロフ) - *コウ*さん» コウさん、初めまして(^^)序盤からもどかしい二人を見守って下さりありがとうございました!今回かわいめなきたーまさんを書けて私も大満足です(*゚▽゚*)また別の作品でお会いできる事を楽しみにしています♪ (3月18日 20時) (レス) id: f3e37fdd05 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:絢音 | 作成日時:2019年12月21日 13時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。