占いツクール
検索窓
今日:4 hit、昨日:155 hit、合計:48,777 hit

No.20: ページ21

生きてて良かった。




すぐに死んでしまうかもしれない世界だけど。


おまけにAちゃんはあと少しで完全な鬼になってしまう世界だけど。


それでもこの世界には愛おしくてたまらない人がいる。

絶対に守りたい、と思う子がすぐ傍にいる。



こんな幸せが長く続かない世界だから今伝えるべきだ、と思った。

ずっと今まで言いたくて、それでも言えなかったこと。




「……Aちゃん」


抱擁を止め、彼女の両肩に手を添える。


すると彼女はこちらを見据える。

赤い果実のように鮮やかな赤色の瞳と目が合う。



愛おしい目で、優しく微笑んでくれるAちゃん。

すぐ照れて、拗ねた素振りを見せるAちゃん。

俺が弱いって知っていても、それでも信じてくれるAちゃん。


数えだしたらキリがない。

全部、大好きだ。


俺はAちゃんがいつか鬼になっても、一生君を愛すると誓うよ。




「俺は、Aちゃんの事が好きです。ずっと一緒に…っ…いたいです」



情けないけど、声が震えた。



「俺はこれから鬼殺隊に入って、此処を離れなきゃいけなくなるかもしれない。



だから、Aちゃんさえよければ、着いてきてほしいんだ。俺、弱いけど、Aちゃんを守るために頑張るから」


彼女の瞳が大きく揺れた。



自分の心音は地響きみたいに大きく響いて、彼女にまで聞こえてしまうのではないか、と恥じる。


風の音や彼女の鼓動でさえ、もう聞こえない。

No.21→←No.19



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (37 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
93人がお気に入り
設定キーワード:鬼滅の刃 , 我妻善逸 , 鬼化
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作成日時:2020年1月23日 15時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。