検索窓
今日:1 hit、昨日:15 hit、合計:1,545 hit

シリーズ最初から読む | 作品のシリーズ [更新停止]

| CSS 鬼殺隊にはある伝説がある。

それは、『柱の一人に鬼がいる』───────…。


「いやー、炭治郎達にも柱バレしちゃったことだし、これからはどんどん柱として仕事しなきゃなー」
(なんか嫌がってる?)


鬼の非日常な日常。


.。.:✽・゚+.。.:✽・゚+.。.:✽・゚+.。.:✽・゚+.。.:✽・゚+

話が続いたので第2弾です!!
とても楽しい。

誤字脱字はコメント欄で教えていただけると嬉しいです!
CSSは前回と同じです!

✤アテンション✤

✓パクリではございません
✓カタカナ語使わないよう努力しますがあくまで努力です

*☼*―――――*☼*―――――

◇(名前)

呼吸:鬼の呼吸
年齢:20
容姿:とにかく美人で色気がある
性格:人間らしい
備考:宇随と仲がいい
身長:約160cm執筆状態:更新停止中

シリーズの最初から読む






おもしろ度の評価
  • Currently 9.83/10

点数: 9.8/10 (6 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
331人がお気に入り
設定タグ:鬼滅の刃 , ,
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:松々先輩 | 作者ホームページ:http:  
作成日時:2022年9月28日 12時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。