占いツクール
検索窓
今日:117 hit、昨日:561 hit、合計:184,095 hit

* 二口 堅治 ページ17

.








『あーーっもう前髪はげちゃう』


「もう諦めろよ、永遠に続くぞそれ」









前からびゅーっと強風が吹いて、前髪が崩れて、それを直して、の繰り返し。


おでこが広いことがコンプレックスな私は 出来ることならおでこを出したくない。




今日は風がとりわけ強くて、前髪を抑えながら歩くも 手袋をはめていないために手は冷たくて。









「前髪くらいあってもなくても変わんねえっつの」


『女子にそういうこと言うとモテないって知ってた?』


「へーへー」









私の吐いた毒に適当に返事をすると 寒そうにマフラーに顔を埋めて半歩前を歩く二口。




家の方向が同じなので時たまこうやって一緒に帰るのだけど、実際のところ二口はかなりモテる。


ツンケンした生意気な態度も 今みたいにコートのポケットに手を突っ込んで、少しガニ股で歩く姿もひっくるめてモテる。


工業高校なんて腐るほど男子がいるのに なぜこいつはこんなにもモテるのだろうか。









「まあ俺が好かれたいのはお前だけだけどな」









『え?ごめん風強くて聞こえなかった』


「はァ!? 最ッ悪お前…二度と言わねえ」


『えっごめんって!なんて言った!?』









慌てて二口を追いかけるもスタスタと大股で歩いて行ってしまって追い付けない。




そこへまた強風が襲い 再び前髪が後ろへ吹き飛ばされる。


前髪を直そうと手をおでこに伸ばすと、それをいつの間にか目の前に来ていた二口が制す。









ちゅっ




手首を掴まれて、おでこに柔らかい感触。




びっくりして顔を上げれば しかめっ面なのに頬を赤く染めている二口。


変な顔、なんておちょくる余裕もなく。









『…ふ、たくち』




「お前が好きだっつってんの、ばーか」









二口は私の手首を掴んだまま、ぐいっと引っ張ってコートのポケットに突っ込む。


一気に近くなる距離に心臓はばくばくで。




あんなに嫌だった強風も前髪も気にならないくらいには









『…私も、すき』









この一言を振り絞るのに必死だった。









.









( ほんとは口にするつもりだったとか )


( 格好つかねえから死んでも言えねえけど )

* 瀬見 英太→←* 孤爪 研磨



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (310 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
908人がお気に入り
設定キーワード:ハイキュー!! , HQ , 短編集   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

月埜(プロフ) - いつも見てくださりありがとうございます!冬が終わる前にリクを消化してしまいたいので この辺でリクを締め切らせて頂きます!申し訳ございませんがご理解頂けますと幸いです。よろしくお願い致します! (2月24日 11時) (レス) id: d1ca7a883a (このIDを非表示/違反報告)
- もし可能でしたら、照島くんお待ちしてます... (2月16日 13時) (レス) id: 677789c7e1 (このIDを非表示/違反報告)
ジンベエザメ - いやー青春だねぇ…甘酸っぱ    リクエストで古森くんできますかね?井闥山の (2月16日 13時) (レス) id: b58d786d51 (このIDを非表示/違反報告)
みかーん - 最高です!!!リクいいですか?佐久早くんをどうかお願いします! (2月15日 0時) (レス) id: ae7855eb22 (このIDを非表示/違反報告)
みお(プロフ) - またまたリクいいですか?星海光来お願いしていいですか?出来ればで大丈夫です!更新頑張ってください〜!! (1月13日 22時) (レス) id: 68de5461dd (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:月埜 | 作成日時:2019年10月18日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。