占いツクール
検索窓
今日:626 hit、昨日:1,078 hit、合計:488,393 hit
私は一人っ子だった。

ずっと兄弟が欲しかった。


特に弟か妹が欲しかった。

下の子ができたら、絶対可愛がると決めていた。



*

*

*



「(名前)、今日から二人も家族だよ」


長年の願いは叶ったのだ。




***




「弟が欲しかったんよね?」

「何でも言うこと聞いてくれるんと違うの?」


「「 お姉ちゃん 」」



前言撤回。弟じゃなくて兄がいいです。





- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -





双子の義理の弟が可愛くて憎い話。



もっと甘々にされたい方は作者ページにて
フラグ立ってるのがあります。18歳以上の方は何卒。




席替えしても八方位の何処かに必ず角名くんがおる話【HQ!!】

↑角名くんとくだらね〜ことしてるやつです。



トチ狂った赤い糸が見えます!【HQ!!】

↑赤い糸が見える話。治くんと角名くんメインです。執筆状態:完結































 

おもしろ度の評価
  • Currently 9.97/10

点数: 10.0/10 (1018 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
2399人がお気に入り
設定キーワード:ハイキュー!! , 稲荷崎 , 宮侑,宮治
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:- | 作成日時:2020年3月13日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。