占いツクール
検索窓
今日:64 hit、昨日:512 hit、合計:54,247 hit

その3 ページ28

次の日、普通に登校してきた雫

1ヶ月ぶりだったが、先生達は何か事情を知っているのか何も言わず

お昼休みにレギュラー陣は揃って部室に入る


そこには、以前のように

ソファに寝転んでいる雫がいて

漸く安堵の溜息を零したのだった



『私が怪奇に飲まれたとおもったぁ?』

幸「いきなり、最後の最後でお別れなんて言うからだろ」

『あー、アレは。まだ完全に浄化出来てなかったから、仕事が残ってるって意味で私がここに残らないとって思ってね…』

雫がちんすこうを差し出し、それを囲みながらあの後の話をし始める雫


『そもそも、私がこの立海大付属中に転校してきたのは。あの7つの怪談を解決させるためだったの。私の所にここの校長が依頼に来てね』

赤「だから、部員1人の部活も許可されてたんすね」

『そう、それで解決したから。私の師匠兼家族の祖母に報告しに行ってたの…そしたら同級に引き留められて何やかんや1ヶ月経っちゃってた』

柳「その場所は沖縄か?」

『そうだよ、よく分かったね?』

仁「お菓子が、ちんすこうなり」

漸く事情が分かり、安心するレギュラー陣

雫は紅茶を飲みながらゆったりする

『で、依頼が完了したから沖縄に戻ろうとー』


「「「駄目だ(っス)(じゃ)!!」」」

雫の言葉を妨げるように叫ぶ赤也、ブン太、仁王

他のレギュラー陣も、不満そうな顔をする

雫は少しだけ目を見開くと
嬉しそうに笑う

『…ふふふ、戻ろうと思ったんだけど。君達ともう少し色々遊びたいと思ったし…君たちのテニスを間近で観たいと思ったから、ここで通うことにしたんだよ』

赤「マジっすか!?やったー!」

丸「なんだよぃ、焦ったぜ…」

仁「俺のご主人は小悪魔ぜよ」

それぞれホッとしたように笑うレギュラー陣

雫も、漸く一息つけたと言うように

笑いつつゆったりと時間を楽しむのだったー




同時刻

雫の作るホームページに一通のメールが届く


HN キノコ頭

本文 助けて下さい
俺の周りの人達がおかしくなりました
もう貴女にしか頼れません

あの女から、先輩達を、同級を
助けて下さい


新たなる怪奇の予感を

雫だけが感じ取るのだったー


ー立海大付属中の7つの怪談ー

『これにて、解決』

26.臨時マネージャー!?→←その2



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (147 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
669人がお気に入り
設定キーワード:テニプリ , 逆ハー , 恋愛   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ゆこ(プロフ) - ヒロインちゃんの性格や周りとの関係がとても好きです…!引き込まれるような文章で、あっという間に読みきってしまいました!更新頑張ってください! (8月18日 1時) (レス) id: 8e72ff327c (このIDを非表示/違反報告)
白銀水龍(プロフ) - 久しぶりの更新ありがとうございます!続きが気になっています!更新頑張ってください! (8月17日 23時) (レス) id: 724789ecd5 (このIDを非表示/違反報告)
林檎 - 楽しみにしてまーす! (8月14日 23時) (レス) id: 67c87e380d (このIDを非表示/違反報告)
歌音 - 更新お願いします!! (8月7日 6時) (レス) id: 60755d8909 (このIDを非表示/違反報告)
姫乃(プロフ) - 更新楽しみです! (7月24日 20時) (レス) id: c94e9ef2b6 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:カナタ | 作成日時:2019年2月12日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。